« 暦 | トップページ | ビルのすきまに »

ポルトガル

ひょんなことからポルトガル料理店に行くようになってから
もう2年ほどが経つ。
ポルトガルという国は日本と縁が深い。オランダとならんで鎖国のときに長崎で貿易を許された国だ。
この国は今は日本でそれほどメジャーではない。
ヨーロッパの白地図をしめして、正確にその位置を認識する人もすくないそうだ。(信じられないけど)
この国は、単一民族、単一言語、単一宗教の国と言われる。
まあ、カトリックが98%を占めると聞いた。

ポルトガル料理というのは、かなり庶民的な感じのするものが多い。
タラの干物や砂肝などというものが多く料理に登場する。
それがまた絶品にうまいのだ。
おかげでうちで使用しているオリーブオイルと塩はすべてポルトガル製だ。

そんな縁で日本ポルトガル協会の主催するポルトガルを勉強しながら、料理を楽しむ会があった。
テーマはコルク。コルクといえばワインなどのコルク栓をおもいうかべるが、そのほかにも多数利用しているそうだ。F1のエンジンの部品から、床剤、スポーツ用品などだ。
CA240135
また、切り倒すことなく、羊などのように、皮だけを採取するとまた数年で再生するというエコロジー素材として注目されているそうだ。

帰りにはたくさんお土産もいただいた。
CA240134


それで料理は大満足。

Menu
肝のトマト煮
赤キャベツとリンゴのコールスロー
じゃがいものスープ
バカリャウ(たら)のゴメス風
鴨のオーブン焼きご飯 オレンジ添え
駱駝のよだれ(っていう甘いキャラメルムース)
ワインはボルバの白、ダン・ポルティコの赤

« 暦 | トップページ | ビルのすきまに »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/8524174

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガル:

« 暦 | トップページ | ビルのすきまに »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。