« カーリング面白かった! | トップページ | バサバサの? »

Never fall down

トリノ・オリンピックで女子フィギュア・スケートのフリー演技が行なわれた。日本の荒川選手が金メダルを取った。
荒川選手を直前のNHKのスペシャル番組で拝見した。ソルトレーク・オリンピックで採点に不正があったために大幅なルール改正が行なわれ、技術レベルの判定が細かくなった。しかもこれでジャンプの得意な選手が有利になったといわれていた。荒川選手はとくにジャンプを得意としていないので、前評判ではメダルは無理と言われていたのに、大会になると一番落ち着いて、大きく見えていたから、「こりゃひょっとすると勝てるのでは?」と思っていた。NHKの番組では自分のやりたいスケートと点数の取れるスケートのハザマで彼女が揺れ動くのが見て取れた。そのために長年指導してきたコーチを去年かえるほどだった。そうして自分の演技で行く!と決めてからは迷いのない演技だったように思う。それが審判にどう評価されようと彼女は自分の美意識に従ったのだ。その意味で十分に自分を表現できたようでとてもよかった。それが金メダルに繋がったのだね。

それはそうと、わが妹(?)イリーナ・スルツカヤ選手。(Ирина Эдуардовна Слуцкая本当はアクセント記号がつくのだけど、表示しないので)。ナマで演技を最初から最後までみたが、いつもの湧き上がるエネルギーが感じられなかった。彼女の演技はいつも完璧で、つけいる隙などまったくなかったはずなのに、オリンピックだから緊張している?まさか?と思っているとなんと転倒!(ありえねー!)
それでもなんとか最後まですべり終えたけど。。。。
彼女のモットー「Never fall down(転ばない)」なんだよね。大舞台には強いと思ってたから、うーんチカラが発揮できていないのかなあ。スルツカヤ選手は自己免疫システムが自分を攻撃してしまうという病気で、いま心臓疾患を抱えているので、すごくたくさんの薬を服用しています。年末くらいからちょっと下り坂だなあとは思ってたんだけどね。それこそ「これも人生(イリーナの口癖だそうです)」とくじけず(Never fall down)に頑張ってほしいなあ。
もう引退する話もでているのだけど、これから先どういう道でもNever fall downでありつづけると信じている。

« カーリング面白かった! | トップページ | バサバサの? »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

妹さん(w)残念でしたねー
荒川選手の金メダルよりイリーナの転倒のが驚きでした
いつも憎らしいほど完璧な彼女がまさか!ねぇ。
ワタシ的には彼女に金を取ってもらって、ゆっくりさせてあげたいなーと思ってました
(病気のこと聞いていたし)
荒川さんは引退するそうですが、イリーナはどうするんだろう。。。

 イリーナ選手って、そういう人だったんですか、知りませんでした。たまたまニュースで演技を見て、あまりにも魅力的なので「引き込まれるように」見入ってしまいました。表情が素晴らしい人ですね。

でもやっぱプルシェンコが最高!

http://www.flurl.com/uploaded/sex_bomb_71047.html

オーマイガ!

現地イタリア 44%今大会最高視聴率
アメリカ 17%今大会最高視聴率

フィギアってのはオリンピックの花形中の花形。つか、夏も含めて一番注目されてる競技
って言ってもいいぐらい。

アラカワの優美な演技はすばらしいのヒトコトでしたが、そのアラカワですら前座にしてしまうプルシェンコの天才にはメをテンですよね。

それにしても今回、女子では誰もトリプル・アクセルに挑戦すらしませんでした。少し寂しい気もしますが、やっぱ伊藤みどりの神業には誰も届かないのか?

・・・いや、マオちゃんがいましたね!

世界選手権で優勝した時の伊藤みどり、奇跡の演技。なんと5人が満点!
伊藤みどりもすごいが、カメラワークも最高。
いつもはアメフトの試合を録っているプロ中のプロが魅了されたように撮影してます。

http://www.youtube.com/watch?v=m7SKYJ1p64k&search=Midori%20Ito%20

もう一つあったよ。
http://www.youtube.com/watch?v=B2TW9egpud0&search=skating%20midori

なおさん

そうですね。イリーナは一家を背負って立っているようですから、今回金メダルを取って花道を飾りたいと思っていたようですけど、どうするのかしらねえ。

Kobantoさん
絶頂期のイリーナでしたら、多分負けは無かったと思いますよ。ただ、新採点方式というのは、いままでのスケート界を変えてしまったのですね。レベル4(この言葉をきくと細菌戦争を連想しますけど、それは脱線)を取らなくちゃということで、本来美しさと技術の融合を目指すものが、点取れるものしかやらないというセコイものになったということですね。
表彰式でも隠すように咳をしていたイリーナ。少し休ませてあげて欲しいものです。

ashさん
いやープルシェンコすごいですねえ。
機械のようなヤツだと思ってましたけど、あのsexy_bombは笑えます。トリノでもあれエキシビションでやって欲しかったですね(笑)

伊藤みどりさん。カルガリーのときの新聞に掲載されていた写真が印象的でしたね。ジャンプの頂点のときの写真で、みどりさんのジャンプの高さに仰天したことを覚えています。もちろんTVも見ておりましたけどね。最後のジャンプが成功したとき、小さくガッツポーズしましたよね。アサダマオちゃんのコーチは伊藤みどりさんのコーチですから、きっとあのジャンプは継承させるでしょう。それも天才マオちゃんの軸のぶれないあの洗練されたジャンプでね。

にしてもイリーナの態度はすばらしかったですね。チャンピオンは荒川選手だけど、女王の座はイリーナのものにしておいていただきたいものです。あと、最後にせっかくだからマオ選手のカルメンをご紹介。
http://www.youtube.com/watch?v=Ssoui-ZTIuk&search=skating%20asad

アサダマオもそうなのですけど
じつは姉のマイも密かに期待しているЮлияです。

マイはペアに行ったらどうかなとひそかに思う私です。
あと、天才「太田由希奈」のケガからの復活も待たれるところのようです。マオ様が「本当の天才は太田さんです」と語っておられますゆえ。

http://www.japanskates.com/

2004 Four Continents Championship - Yukina Ota Free Skate

2004 Four Continents Championship - Yukina Ota Short Program

マイさんのペアになる男性がいませんねぇ。
(人材不足)

太田さん。4月くらいから始動なのでしょうか。
まだ足の怪我が治っていないようですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/8813163

この記事へのトラックバック一覧です: Never fall down:

« カーリング面白かった! | トップページ | バサバサの? »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。