« 熊谷行 | トップページ | 狂言:和泉流と大蔵流 »

落語:柳家喬太郎

久しぶりに友人から誘われて落語に行った。

数年前までは、川崎に住んでいたので、
月1回くらいのペースである下丸子の若手の落語会をみていたのだけど
仕事の都合で都内に越してからなかなか行く機会もすくなくなっていた。

柳家喬太郎さんは、数年前に一度生で拝見したことがあったのだけど
そのときから、色っぽい落語にはちょっと抜きに出たものがあったように思う。
その後、真打になって、芸に磨きがかかったのか、
いつぞや九州に帰る飛行機のなかで
機内で聞ける落語に登場していて
なかなかよかった。

それで、池袋の独演会に行った。

「おせつ徳三郎」という長い噺。
やはりこの噺家さんは、女性が思いつめる役どころが特にうまい。
声の出し方、所作でいろんな役を演じ分けるわけだけど、
その切ない気持ちがつたわってくるから不思議だ。
噺家さんなど、そんなに美形の方はいないが、
噺を聞いているうちに、それが絶世の美人だったり
古馴染んだ女房だったり
娘を嫁にだした年老いた男だったりするのだ。

亡くなる前に、小さん師匠の落語を聞くことがあった。
うどんやで酔ってとぐろをまく悲しい親父の話だったが、
不思議なことに、うどんやのどんぶりやら、
湯気があがる様子やらが
なぜだかはっきりと見えたと思った。

話芸のすばらしさをまたひとつ堪能することができたような気がした。

« 熊谷行 | トップページ | 狂言:和泉流と大蔵流 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/8202656

この記事へのトラックバック一覧です: 落語:柳家喬太郎:

« 熊谷行 | トップページ | 狂言:和泉流と大蔵流 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。