« 映画見ました | トップページ | 如月 »

謎の全身ピンク男

以前、四谷で赤い服、赤い帽子、赤い靴のオジサンにあった話を書いたが、
今回はピンクづくめのオニイサンだ。
ピンクのコートに、ピンクのズボン、それにピンクの(多分女性モノの)スニーカー
ここ1ヵ月くらいだろうか、朝は大江戸線の乗り場で数回見かけていたのだが、
今日は夕方南北線のホームで見かけた。

大江戸線と南北線は春日(後楽園)で接続しているから何も不思議はないのだけど
大江戸線で彼が待っているのは、大門方面行き。四谷とはちょっと方向が違うのだけど。。。。
毎日ピンクで固めているのだから、きっと無類のピンク好きなのか
もしくはそういう団体(あるのか?)に所属しているのか?

顔は近くでみたことはないけど
髪とか普通の感じだし。。。。

東京は変わったひとが多いけど、色に固執するようなのは、赤色おじさんに続いて2回目だなあ。。

« 映画見ました | トップページ | 如月 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

むかーしの話ですが、
渋谷に月光仮面がいましたよね。
あの人は誰だったのですか?

そういえば最近聞きませんね。
政治活動のようなことをしてましたけど
やめちゃったのでしょうか。
未解決事件などの捜査のビラを配っていたこともありましたね。
新宿には確かタイガーマスクがいました。新聞配達の人だということでしたが、何年か前にみたときは、装飾された自転車にのって(マスコット人形とか、様々につけてまるで屋台のようでしたが)西武新宿のあるあたりへ消えていきました。あの人も最近見ませんね。

東京って変わった人が多いんですか?じゃ、オレも馴染めるかもw

変わった人というか、地方ではちょっとそれはないだろうという服装をしていても、誰も関心がないということですね。多分東京では服装が奇抜なだけでは目立たないと思います。

ああ、タイガーマスクいましたね^^;

>地方ではちょっとそれはないだろうという服装をしていても、誰も関心がないということですね。

なるほど。田舎の人って、近所の体裁とか気にしますからね。

>多分東京では服装が奇抜なだけでは目立たないと思います。

<本物だけが認められる>という事ですね?結局それは、世界各国共通なんでしょうけど。

ペイ、パーではなかったのね。

もしかして部屋の中とかもピンクだらけかな。

私が見たいのはその人のみる夢。
深層心理ってどうなんでしょうね。

変わった格好をすると、実は本質がなにやらぼやけてきてしまうというような気がします。
制服などを着る職業はその制服のイメージが強すぎて、その人にほくろがあったかどうかすらわからないものですよね。
タイガーマスクも、月光仮面も複数いるらしいと言われています。その顔を隠しているのですから考えたら怖いことかもしれませんね。

全身ピンクのおにいさんも実は複数入るのかもしれません。けっこう各地で見かけられたりしているようです。都市伝説のようですね。

東京では「本物だけが認められる」とは思いません。みんながただ自分という個に固まっているというだけのような気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/8432175

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の全身ピンク男:

« 映画見ました | トップページ | 如月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。