« 昔の日記 | トップページ | ドン・キホーテ »

Say it ain't so, Joe!

MLB(アメリカ・メジャー・リーグ・ベースボール)。ワールドシリーズが終わりました。奇しくもロッテと同じ4連勝でホワイトソックスが世界一(世界選手権じゃないのに、この命名にはちょっと異論がありますが、それはさておき)になりました。
みんながほしがるチャンピオンズリングがイグチくんにもわたることになりますね。
ホワイトソックスがかつてチャンピオンになったのが1917年といいますから、ずいぶんむかしですよね。
その2年後、「ブラックソックス事件」という事件がおきました。全米を巻き込んだ八百長事件です。これで、ジョー・ジャクソンを含む8人が球界を永久追放になりました。いまも名誉は回復されていません。これを機にアメリカではコミッショナー制度が確立したそうです。8人は裁判では、温情判決により無罪でしたが、野球に関わることはできなくなりました。他の選手も疑いがあったそうですが、結局はこの8人が生贄のような形で終止したそうです。

日本でもいつぞや黒い霧事件という八百長事件がありましたね。
そうして、事件で永久追放されていた池永氏が名誉回復されたようです。日本ってちょっと甘いのかもしれませんね。池永氏はもともと八百長事件にはかかわりが薄いとされていたのですが、結局他の選手にルイが及ぶと考えた球界がスケープ・ゴート的に何人かを処分して幕引きにしたと聞いています。
昨今、球団というのが投資の対象になっているらしく、株屋さんたちが五月蝿いですが、それに対して某お金持ち球団の会長(辞めたはずなのにまた出てきたアノ人です)球団を株式にするというのは八百長を誘発する、とおっしゃっていましたね。私は株式にする=八百長するとは思いません。かつての事件等を考えると、あのとき、某金持ち球団にも関わった人がいたという疑惑をもった人たちがいたのも事実だし、そういうスネに傷持つ身だからこそ八百長ということばをもちだしたのかもしれない、などという妄想も誘発しかねないとも思ったりします。
日本の野球、面白くしてもらいたいのはあるけど、今ルールを作っているのが、オーナー会議でしょ。あれって「ゴッドファーザー」でドン・コルレオーネがニューヨークに4大マフィアの会議を行なっていたシーンを彷彿とさせるから。ぜひきちんとした権限のあるコミッショナー制度を確立して、オーナーのご機嫌取りをするのではなく、おもしろくてわくわくする野球をみせてよとお願いしたい。

Say it ain't so, Joe! はジョー・ジャクソン(シューレス・ジョーとして有名)に大陪審のあと、ファンの男の子が投げかけたことば。ジョーはどんな気持ちだったかな。

« 昔の日記 | トップページ | ドン・キホーテ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/6675789

この記事へのトラックバック一覧です: Say it ain't so, Joe!:

« 昔の日記 | トップページ | ドン・キホーテ »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。