« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

節目だよね

昨日45回目の誕生日を迎えました。

お祝いをしていただけるとは思っていませんでしたから
相方がケーキや料理を用意して
お祝いをしてくれて
とても感激しました。birthday

45歳になった感想は
特にないのですが、
人生の折り返し点は過ぎたなあという感じがします。
90歳まで生きると言うことではなくて、
もう半分が過ぎていったという感がぽっこりあるだけです。

秋晴れの昼下がりのような心境です。

澄み切った青い空を眺めて
庭に柿がなっていると気が付いたときのような
ゆったりとしてちょっと充実したような、
そんな印象です。

これからだって、きっと過酷な冬とか、
苛烈な夏はあるでしょう。

柿の実の ひとつなりたり ひるさがり

中秋節

中国ではこの時期(旧暦の8月15日前後)中秋節のお祝いで、月餅を親しい人に贈る習慣があるそうだ。
うちでは、中国茶をよく飲むので、月餅はよく食べる機会がある。いろんな種類があって食べ比べたりするのも楽しいものだ。

今朝、TVを見ていたら、(NHKのニュースのなかで)最近は月餅を贈るのがブームになっていて、非常に高価なものが多くなってしまった。それでは「不公平感」が助長されるということで、中国政府が高価な月餅も規制することになったそうだ。なにしろ、1ヵ月の給料分くらいの高価なものもあるという。

「不公平感」ううむ。。。日本でも金箔の●●とかいうのたくさんあるけど、しかも異様に高かったりするけど、
それで「不公平」だと思う人いるだろうか?宣伝もかねて、金の便器なんていうのも作ったりしたメーカーもあったけど、それをもっている人をみても、「趣味が悪い」とか「そういう趣味の人もいるよね」くらいにしか思わないだろう。
それで「世の中不公平だ!」と思う人はすくないとおもうけど、政府が規制するような(取り締まったりしているそうだ)ものなのかしら。

そういうニュースを見ると、「ああ、中国ってまだ社会主義だったのね」と思い出しました。
経済特区なんかを設けてすっかり資本主義になったと思っていたけど、やっぱりそういうところはかわっていないのね。でも、社会主義なのに、地方の農村などは、目もかけてもらえないようで。なんだかねえ。

月餅に関してはここを参考にしました。

東北地方に(写真のブログ)

先日東北地方に行ったときの
写真だけをアップしました。
ユーリャの珍道中旅日記」にあります。
よかったらみてください。
テキストの旅行記はもうしばらく待ってね。

茗荷谷

cat1
相方が研修で出かけたときに
道に寝てました。
大きな猫ちゃん。
撮らせてねって声をかけたらポーズしてくれたそうです。

ゴールド免許

今年運転免許の更新だったので
新宿の免許センターに行って来ました。

おととしのバイクの2段階右折をしなかった罪で
「ゴールド免許」がなくなってました。
つかまったときに、軽微な違反だからって「ゴールド」は変わらないって聞いてたのに
なんだか道交法が変わったらしく、
免許証の中央の部分が
「ゴールド」から「ブルー」になってしまいました。(涙)

免許を取ってからもう20年以上になりますけど
ゴールド免許ができてからずっとゴールドだったのに
ちょっと悔しいです。。。
ヴ~

(でもなぜだか、有効期限はゴールドと同じ5年なのよ)

講習会で
すごく悲しい事故のお話を聞きました。以前はすごく残酷な怪我のシーンやら
実写の交通事故の模様などを見せられた経験がありますが、
最近はドラマなんですね。
悲惨なお話(こういう講習会はこれでもかっ!って話です)を聞かされた上に
最近の事故相談で増えてきているのが
ちゃりんこvs人の事故ですという話でした。
東京都は人口が半端ではないうえに、ちゃりんこは歩道をどうどうと走りますから(認められている歩道もおおくありますけど)人とぶつかってしまうことが多いそうです。それに、スピードをだしてますから、脊椎の損傷やらで大怪我をして訴訟になり、多額の賠償を背負わされることも多々あると聞きました。
自転車に損害保険をかけるひとはまだまだすくないでしょうけど、もし収入の高い人などにぶつかった場合、一生を棒にふるくらいの金額を請求されることもあるそうです。

くれぐれも事故には気をつけましょうね。

Busy

仕事が忙しいので
いろいろアップしたいことはあるのだけど
手がまわりません。。。

忙しいときの
清涼剤みたいなCD

最近お気に入り。

友人に勧められて
ジャケットが気にいって即買いました。CA240066


ヴァイオリニストのギドン・クレーメルの「沈黙(シレンシオ)」

政治ショーの終焉

衆議院選挙が終わりました。
当選したひと、そうでないひと。
悲喜交々です。

落選したということは、
今の時代にあってないということになりましょうか。
民主主義というのは、選挙民が「神の声」なのですから、負けたときは
すんなりそのズレを認めなくちゃいけませんね。

往生際はきれいにした方が好感がもたれるかとおもいますね。

ゆうべ、寝る前に
どこかの議員さん(たぶん民主党の)が
「青空をふっと眺めていたら、郵政民営化もわるくないかなって(思った)」というひとことで爆笑して寝ました。

政治家って図太くて無神経なのですねえ。(w)

残暑にて
今朝は連呼の
声もなし
(遊離哉)

しゃれた名前か、それとも偽装表示か?

ししゃもという魚
じつはシシャモではない。
というと、語弊があるが
ほとんどが、カラフトシシャモ(カペリン)という魚だ。
カペリンとししゃもの違いは
ここのページに詳しく出ていた。

で、私たちが日常口にしている食品の表示のいいかげんなこと
特に魚はかなりいいかげんである。

昔(問題があるので年代は避けよう)
わかーい日の私は生活の足しにと
ある海産物のイベント屋(スーパーなどの特設会場で期間限定でなんとかセールをやる)にバイトに出ていた。
今はもうそのスーパーのチェーン店はないのだけど、そのチェーン店のお魚売り場でのこと。
そこの社員が手にしていたのは、ロシア産のマス。でも表示はなんと「紅サケ」
海産物屋のオヤジ:「にいちゃん、それ鱒でしょ。その表示はまずいんじゃないの?」
スーパーの社員:「切り身にして分かる人はいないから大丈夫なの」
オヤジ:「オレは分かるから買わんよ」
社員:「主婦にはわかんないからいいですよ」

一同しーん。

他にも、「白身魚の~」ってよく売ってますよね。アレは一昔前はメルルーサって魚だったのですけど、近年獲れなくなったそうで、名前のわからない深海魚かもしれませんね。

そうそう、「銀むつ」ってべつに「ムツ」じゃないんですよ。「マジェランアイナメ」というのが本当の名前で、よく「メロ」とか言いますよね。あれは流通名だそうです。

ま、おいしくて安全であればいいのですけどね。

ナービーが

今現在台風14号(アジア名ナービー)は、諫早あたりにあるらしい。
実家からもっとも近くなっている。
築40年のおうちは
父の増築の趣味も手伝って
かなり変な形をしている。
当然継ぎ目とかが弱くて
先日も大量の雨漏りがした(と母が電話で言ってた)

今度の台風はずいぶんと速度が遅い。

実家あたりは山のおかげで風は直近にならないと吹かないから
災害は少ない方だけど
やっぱり風速40メートルがそう長く吹くと
いつぞやの台風のように、瓦が品不足になるくらいに
屋根が飛ばされる。

ちょっと心配だな。

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。