« 宮城沖地震 | トップページ | この時期になると »

サマーフェスティバル

サントリーホールの「現代の音楽」というフェスティバルが31日までやってます。
タダ券をいただいたのでいってきました。

現代音楽でしかもオーケストラ
ちょっとイメージができませんでしたが
興味深いものでした。

古典としてのクラッシックはきれいな予定調和だけど
現代音楽は
どこかで危うい和音を奏でています。
不協和音寸前でなおも調和しているという
語るに難しいものでした。

「夜のブラックバード」というのがちょっとお気に入り。

« 宮城沖地震 | トップページ | この時期になると »

音楽」カテゴリの記事

コメント

>不協和音寸前でなおも調和している

ブルースではよくクォーターハーフ(四分の一)音を上下させたりしますが、その微妙な感じがルーズで心地よかったりしますね。

ブルースのクォーターハーフはまだ安心できる心地よさがあるんだけど、現代音楽はもっと壊れている感じがします。

インドネシアのガムランなども心地よいですよね。音がうねりますよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サマーフェスティバル:

« 宮城沖地震 | トップページ | この時期になると »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。