« ネコの昼寝 | トップページ | 紅林警部補 »

解散しましたね

コイズミさんというひとは、なかなか面白い政治家ですね。
そのアメリカ追従路線とマル投げ姿勢はいただけませんが、
口に出して約束したことは、頑固にやろうとします。言わば頑固爺。

郵政の民営化。
数年前コイズミさんのジミン党再選の折り、たしかそれをやります!ってことで総裁になり
マニフェストにのせて総選挙を通過して政権運営をしていたはずですよね。
それをお膝元から、もともと郵政民営化には反対だったからというのは
おかしな話ですね。
選挙がすんだら、人寄せパンダは要らないということでしょうか。

頑固爺がそれで納得すると思っていたのでしょうかね。

いやはや、これで古い利益誘導型の政治家がいくばくか消えてくれれば
日本のためにはなるんでしょうね。
がらがらポンして、洗い出しが行なわれ
ちっとは日本がマシになればと思います。

« ネコの昼寝 | トップページ | 紅林警部補 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コイズミというヒトは、日本にとってイイコトをしているのかどーかはまったく分かりませんが、じつに凄いヤツだというコトはよーく分かりました。
それにいつのまにかナカソネやノナカやマキコやカメイという魑魅魍魎を祓ったりしていて、ふとみると、あれほどアブラギッシュで醜悪だったジミントーがそこそこ風通しのよい政党に見えてきたりするからフシギなものです。そこそこですけどね。それにしても今回、コガを追い出せなかったのがなんとしても惜しい。

ashさん。毎日暑いですが、お元気ですか?

そうですね。すこしばかり風通しがよくなりましたよね。ほんの微風ですけど。

コガといえば、福岡またすごい濃いようですね。福岡といえば、コガというようにコガ姓は多いのですが、みんなご親戚なんでしょうかね。
ハトヤマの兄弟げんかもまた見られそうですね。

民営化になってどんだけダメなのか知りたい…なんで否決なの…??

朱雅ちゃん、お久しぶり。夏休みはたのしかったかい?

郵政民営化が否決されたのは、民営化するのが本当はいやだからでしょ。本当は公社にもしたくなかった。その方が自分たちに都合のいいお金の流れが作れたのではないでしょうか。だから反対派がどんだけ「国民のためにならない」と強弁しても、その国民とは私たちではないと言うことは確かなようです。

私はコイズミさんは基本的に嫌いですけど、郵政は民営化するべきだと思ってます。不都合な点があったら、あとでどれだけでも軌道修正できるのに、なんだかんだ行って完成品ではないといっているのはたんなるエクスキューズにしか思えないですな。

公社にしたんだって、民営化するから踏み出した1歩だったのに、このままじゃ民業を圧迫してしまうよ。がんばれークロネコ。

私の場合は基本的には賛成なんです。
郵政族は確かに国民のためにならないし。

でも今まで決定した政策で突っ走ってしまった
結果元に戻らないことがあまりにも多いんです。JRは確かに民営化してサービスは格段に
よくなりました。でも採算がとれない田舎を走る路線はすぐに廃線。その地域に住む人の
日常が奪われていくのです。
また住基ネットも運用されていますが、概ね
成功として問題があっても修正を加えようと
しない。
日本という国は過去を顧みてという
ことが苦手なのでどうしても一歩を踏み出す
前に後込みをしてしまう保守的な部分があると思うのです。一歩を始めなきゃ何も始まらないというのはよくわかりますが。

「郵政」による解散は筋が違います。構造改革の一片としてとらえるなら、外交政策なども
総合的に見て民意を問いたいとして欲しかったです。コイズミ自民党が勝てば民意を得たわけだから
自動的に「郵政」改革も認められると考えるコイズミ首相の考えに賛成派の中から意見をいうものが
出てくるのかそちらの方が心配です。
民意を得たから何をやってもいいというのは
戦前のどこかの国の様相に近いのではないでしょうか。
私のブログでもそのうち取り上げます。

るーぱーさんのおっしゃることよく分かります。本当は民主党に対案をだしていいものに仕上げてほしかったと思います。党とか政権とかという枠組みなしで、本当に国民が乗り越えなくちゃいけないことがたくさんあるので、知恵を出してほしいというのが私の希望です。ですが、あまりにも思惑ばかりで、あわよくば公共事業に頼る日本のシステムを復活させてしまうような輩が多いのも事実です。

結局、民主党は対案を出せませんでした。むしろ消極的であるように思いました。何に遠慮しているのでしょうか。

今回のような乱暴な解散がいいわけありません。このままずるずると決まらないでいるより、ほんのすこしマシと思っているだけです。地方の鉄道にしたって、本当は毎日の足を確保するための手立てを考えなくちゃいけないのに、新幹線だ、道路だって言う人がいますよね。実際実家のうらに新幹線が走る予定です。でもローカル線は本線でも普通電車は1両編成です。そのそういうおおきな予算をがーんと引っ張ってくるんじゃなくて、そこにいる生活者が暮らしやすくするのが政治だし、行政だと思うのですよね。だからそういうガーンと持ってくるセンセイじゃなくて、本当に地域の人が生活できるようにする地味な仕事のできる人に国会に行ってほしいと私は思います。
ある意味政治以前の状態なのかもしれません。そういうへんな輩が出てこないように、この「ガラガラポン」も少しは機能することを祈るばかりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/5377349

この記事へのトラックバック一覧です: 解散しましたね:

« ネコの昼寝 | トップページ | 紅林警部補 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。