« むずかしいお買い物 | トップページ | 可哀相なトニー »

恥ずかしい間違い

先日よく見るサイト「ほぼ日」には「言いまつがい」というコーナーがあって
そこで中島みゆきさんの歌「地上の星」という歌を
「風の中のすばる 砂の中の銀河」というべきところを「風の中のすばる 砂の中のニンジャ」と覚えているという投稿が載っていました。
それで、ふと昔やらかしたすごく恥ずかしい間違いを思い出して、
またすごーく恥ずかしくなりました。

ええ、時は1978年くらいでしょうか。
75年の暮れに中島みゆきさんの「時代」がリリースされ、私としましたら、その当時ロック(Queenとか)などに嵌っていて、Jポップ(その当時はフォークといってましたね)などに関心もなく、周りには福岡フォーク絶対主義みたいなものが(土地柄的に)あって、
中島さんはなんといっても遠い北海道の人だし、ヤマハだし(関係ないけど)興味もありませなんだ。それで、ふと入ったレコード屋(友達の家がやってた)でその曲がかかっていたときも、ぜんぜん気にもかけなかったのですが、あっちこっちでこれはかかっていたので、なんとなく曲は存じておりました。
「まわる~まわる~よじだいはまわる」発音どおりに書くとこうですよね。
ですから、わたしふと「よじだい」ってなんだべ?とおもいつつも、北海道には「よじだい」っていう時計台みたいなもんがあるに違いないと思ったのでした。
時は流れて、80年代も終わりになるころ、私も十分大人で、関西方面での仕事をやめて実家に帰ってたころ、また友人のレコード屋に遊びに行きました。友人はレコード屋をついで、店をやってました。そこで再びあの曲に遭遇したのです。それで、「ねえねえ、よじだいって何?」って聞いたのです。
ええ、当然これ「まわるよ、時代はまわる」ですから。友達はきょとんとしたあと大爆笑。それでも本人は何で笑われたのか認識できず。。。。1分後足の先から頭の先までゆだったように恥ずかしかったです。

そんな経験ある?(あるわけないかー)

« むずかしいお買い物 | トップページ | 可哀相なトニー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ありますって。
私はこの歌詞で
「4時代」に何か悲しい別れか何かがあって
その部分をクローズアップして歌っているの
と勝手に解釈してました。
だいぶ前になりますが桜田淳子?ヤマサキさんの方?の結婚相手で
勅使河原さんていらしたと思うのですがこんな解釈を
「統一協会ともなると天皇じきじきのお使いがいるのか…
河原さんて言うのね」と馬鹿なことを考えていました。
他数えるときりがないほど、イケしゃあしゃあと
平然と言ってますです。

るーぱーさん
面白すぎ。勅使河原さんは、てっしーとかいわれていましたね。今はどうしていらっしゃることか。「てしがわら」さんというのは映画監督に勅使河原宏さんという方がいたので、かろうじて間違うことはありませんでしたね。

ありすぎる…ウタダヒカルのおーとまちっくには翻弄されまくりでした…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/4852709

この記事へのトラックバック一覧です: 恥ずかしい間違い:

« むずかしいお買い物 | トップページ | 可哀相なトニー »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。