« 可哀相なトニー | トップページ | 脱力 »

去年も行きましたが、今年も出かけました。行田市の古代蓮。

黄色の蓮が綺麗という情報を得て、
暑いなか行って参りました。
gyouda_017

gyouda_027

gyouda_020


ゆうぐれに 
仏をのせて 
蓮ほのか

« 可哀相なトニー | トップページ | 脱力 »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

風流ねぇ…広い池にあるのもいいけど
小さいのがしし脅しの近くにあるようなのもすきだわ

朱雅ちゃん、いらっしゃいませ~
ししおどしといえば、「しし」って「鹿」のことなんだよー知ってた?

最近は鹿も里に降りてくるけど、熊おどしが必要だよね。

黄色い蓮ってどんなでしょう。
睡蓮の花からは西洋風の妖精が出てきそうな
雰囲気がありますが、蓮は古代なんで古代装束を着た
釆女なんぞが出て来ませんかね。
大輪の花好きの私は蓮も大好きです。

余談ですが山口県の岩国は蓮根の産地なんですが、
他の蓮根より穴が一つ多いことで知られています。
つい花は普通なの?とか思ってしまいます。

るーぱーさん
いらっしゃいませ~
「睡蓮」といえばモネの絵を思い出しますね。
余談ですが、「睡蓮」を描いたときにほとんど目が見えなくなっていたときいたことがあります。たしかに近くで見るとぼやけていますけど、あれがまたいいんですよね。

黄色の蓮は名前が書いてなかったので品種が分からないのです。この蓮園には40種類以上の蓮があると書いてありました。黄色のはなかでも少なくて、「アメリカ黄蓮」「ヴァージニア蓮」と「王子蓮」があるそうです。咲く時期と色合いを考えると「王子蓮」なのかもしれません。

私のふるさと熊本は「からし蓮根」の産地です。よく細川家の家紋(九曜の紋)が蓮根の切り口ににていることから、門外不出の逸品になったと聞いています。ということは穴は9つ。熊本の蓮根も穴は1つ多いのかしら?

ユーリャさん、こちらでははじめまして。るーぱーさんのところから辿りに辿ってここに到着。

下関の長府庭園の孫文蓮(大賀博士が発芽させたもの)あでやかでしたねえ。下関市のウェヴで見ることが出来ます。

前置きはさておき、翻訳関係のお仕事なんて!私のブログは内容的にとても専門家の批評に耐えうるのもではないので、お恥ずかしい。お手柔らかにお願いします!

てっちゃんさま

ようこそおいでくださいました。

いまでこそ翻訳関係の仕事をしておりますが、それまでいろんな職業を転々としてまいりました。英語の世界ではまだまだ駆け出しの者です。英日の翻訳の原稿をクライアントさんに出す前に最終確認、修正するのが、今の仕事です。語学が昔から好きでした。でも英文科などの専門教育は受けていないのです。大学は哲学を専攻したのですが、愚学生でした。論文かいたり、たくさん本を読んだりしなくちゃいけないと思った瞬間に、嫌になって放り出したような者です。

文章なども下手の横好きですが、書いておりますので、ときどき訪問してくださるとうれしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/4917324

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 可哀相なトニー | トップページ | 脱力 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。