« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

お休み

仕事がキャンセルになったので
一日ぼんやりする。

どうせ筋肉痛だし。(久々にエアロはきついなあ。。。)

どこにも出かけない

部屋を一歩もでない日でありました。

夜:母に頼まれた原稿を書く。
相変わらず取り留めのない話で辟易。。
でも、なんとか仕上げました。

明日投函予定。

ひさびさ

ジムに行って(2週間ぶりくらい)
パンチやらキックを主体としたフィットネスと
エアロの初級をこなしてきました。
2週間前は、バーベルを使ったトレーニングだったので
有酸素運動はすごく久しぶり。
なまったからだにちょっと喝を入れました。

帰りには定番のベトナム料理で、
野菜中心のメニューに、333ビール。
トレーニングのあとのビールはうまい。

おいしいおつまみ?

日曜日映画を見に行ったのだけど
早く着いたので、先に何か食べとこうってことで
食べているうちに待ちの列が延々地下鉄の駅まで。。。
こりゃ座れそうにないなってことで
帰宅。
帰りに何かビデオでも見よう(せっかく映画的な気分になっているので)
とレンタルビデオ屋さんに。

「ショコラ」と「ムーランルージュ」を借りて、遅い昼ご飯を食べていたので
夜食がわりにビールのつまみを買いにスーパーに入りました。
いつものスーパーでは、売ってないような大きいキュウリがでーん!と。
「加賀太きゅうり」
CA240005
ビールの宣伝で、佐藤某が齧っているあれです。
なーんか話の種にでも食べてみようかね。ということで早速購入。

もろみ味噌も入手して、帰宅。
「ショコラ」を見終わって、なんだか口のなかが甘ーくなったところで、
「加賀太さん登場!」です。
皮が少し硬いので、丁寧に皮を剥いて、もろみ味噌をつけて食べました。ビールに合うと思いますぞ。

ベルギービール(原宿編)

髪を切りにいった帰り
ムール貝を食べるならここ!ということで紹介してもらったお店へ。
大通りから少し入ったその店では
重いドアを開けると、
カウンターからにこやかに店員が迎えてくれた。
新宿とか神楽坂にも店があるのだけど
ここが一番人懐こい印象。

1杯目;いつものようにヒューガルテン・ブロンシュ。

CA240004
これは2杯目の飲んだビールは
レフ・ブロンド
CA240005
これは3杯目の
オルバル
食べたのは、
フリッツにムール貝(トマト味)
鯛のカルパッチョ
カポナータ
ナッツ
は食べました。。。いつもながら食べ過ぎです

豹柄

きのう、郵便局に用事があったので
昼休みに歩いていたら、
近くの舗道に止めてあった。

「豹柄の自転車」


見た瞬間に、これに乗っている人が見えるような気がした。

さっそく写真撮影。。。。

CA240002

カスタネット娘にお地蔵さん

私は新聞をとっていません。
仕事柄ネットで検索することがすごくたくさんあるので
ニュースはたいていネットでみることにしています。
翻訳の勉強を始めた頃、まだネット環境にある人は少なかったですが、
今はネットに接続しないで仕事をこなせない時代になりましたね。

私はコンピュータの業界にいるので
まだコンピュータを使うのに抵抗感はありませんが、
書物の翻訳を手がけていらっしゃる方には
頑なにネットとかを拒否する人もいらっしゃるそうです。
ネットも使いようでは便利なのですが、そういうポリシーの方には使うのが面倒なこともあるんでしょうね。

さて、先日「天声人語」をネットで見ていました。天声人語といえば、昔国公立大学入試で小論文を書かなくちゃいけなくなったとき、(私は結局国立にはいけませんでしたから必要なかったんですが、クラスが国立受験系だったので)先生がお手本にしろってうるさくいっていたアレです。最近は朝日新聞の偏向ぶりばかりが世の中で論じられますね。それはさておき、「カスタネット娘」というのが取り上げられてました。いつぞや三月くらいに私が書いていたサンダルで通勤する御嬢さんたちのことです。マスコミは名前を付けるのが使命なのか、まあ、カスタネット娘ってかわいらしいお名前を付けたようです。私は音を楽しむものなのか、と聊か皮肉を込めて書いたつもりだったのですが、最近はこれがひどくなりましたね。夏が近いのもありますけど、歩き方の悪さが目立ちます。私も姿勢は悪いのですが、カスタネット娘さんたちから比べればかわいいものになりますでしょうか。せいぜいペンギンさんですね。今朝も乗換え駅でカスタネットよろしく音を響かせて(頭痛がしました)しかも歩くの遅いから、あやうく突き飛ばしてしまいそうでした。

「お地蔵さん」は電車のなかで動かない人のことです。どんなに他の人が降りようと、乗ってこようと全く動く(譲る)意志のない人のことを言うそうです。ドアの前でこの状態になって、複数の線との乗換えの駅に到着すると、どっと人は降りるので、この地蔵さんはくるくる廻ります。(見てて面白いですけど)激流に巻き込まれる木葉のようです。そんなにがんばって動かないでいると、足は踏まれますし、場合によっては小突かれますでしょうに。ああ、そういえば昨日おばあさんが激流に呑まれまいと足を踏ん張り、椅子の端っこにあるバーにしがみついた様はまるで「子泣き爺」でした。おばあさんだったけど。。

猫T

先日「ねんねこや」さんで買ったTシャツを着て
お出かけしました。CA240172
写真は陰陽になっているTシャツの背中です。(着用しているので、ちょっと字がゆがんでますけど)

銀座で写真展をみたあと
三越の喫茶店へ行ったのですが
そこの中国茶屋さんがなくなってしまっていたので
「香韻」へ。
しばらくそこで時間を過ごして
そのあと合羽橋の「三宝園」に行きました。
三宝園は火曜日定休のはずなのに
なぜだか閉まっていて
わざわざ遠征したのに。。。(悲)
仕方ないので浅草でてんぷら食べて帰ってきました。

ゴーヤに

梅雨の晴れ間ですね。
ずっと雨が降っていたのと
世話をするのが平日は夜なので
懐中電灯をつけてもそもそ水をかけたりしていたので
ゴーヤに花が咲いていたのに今日気がつきました。

ゴーヤはきゅうりなどと同じなので
黄色い花です。

CA240171

中吊り広告

「NAVITIME」という経路検索のソフト。
以前からちょっと気になっていることがある。
WEBページにはのっていないけど
この広告には黄色いスーツ姿のビジネスマンと思しき人物が描かれている。
しかし、
デザインかな?と思っていたけど
これは「髪型?」。。。と確信した。
しかも、ひげのあるバージョンと
ひげのないバージョンがある。。。

すごくへんな髪型。五右衛門か?
050614_171901


こんなビジネスマンは日本にはおるまい。
(丸の内線にて)

きみに読む物語

月曜日。
最終の映画に間に合いそうだったので
飯田橋のギンレイで「きみに読む物語」を見た。

詳しくはここをどうぞ

一種のお伽噺。
だけど、なぜだか涙が止まらなかった。

一緒に生きていくということは
いつかこの先に老いるということがある。
しっかりしているつもりでも、私もぼけちゃうかも知れない。
まあ、そのときはそのときだけど
よりそって生きていくということは
パートナーも一緒に老いていくということだ。

人は放っておいても自然に死んでしまう。
だから急ぐことはあるまい。
その時間がやってくるまで
ゆっくりと好きなことをやっていこう。

そうしてゆっくり歩いていくように、私にも最後のときはくるだろう。
そのときに、ゆっくりとした時間がながれていればいいな。

黄昏に 鷺飛び立ちて 散歩道(遊離哉)

入梅

雨の季節がやってきました。

「関東地方に続き南九州地方も入梅です。」と天気予報のお姉さん。
なんだか、九州よりも関東がはやいですかーとTVに問いかけてしまいましたが
そういうこともあるんですね。

梅雨入り宣言というものにいかばかりかの権威をかんじますが
そのせいなのか、空気が湿って重たい気がします。(錯覚かもしれませんが)

ことしから植えているゴーヤが勢いよく伸びてきています。
実をつけるかどうかはわかりませんが、いきものが成長するさまはなにやら感動に似たものがありますね。

苦瓜の 蔓巻きつきて 梅雨入りぞ (遊離哉)

マンホール再び

ageo
上尾の駅前で発見したマンホール
色とりどりのものだったので
うちの相棒が撮影しました。

この日は上尾の駅前の「坊桂(ファングイ)」という中国茶屋さんにでかけたついででした。

夏の俳句

火曜日風邪をひきそうなのか
頭痛がして会社を休んでいたら、
夕方うちの母が夏の俳句の添削を頼んできた。

もう俳句をはじめて久しいのに
まだ俳句にならない句が多い。
教え方が悪いのかな。。。

たしか田舎でも先生について習っているはずなんだけど。。

ほんでもって、季語「ひまわり」だったので
ついでに自分の分もつくってみた。

ぎらぎらと 喉渇きたり 向日葵や (遊離哉)

ベルギービール

Ts280325
新宿のヒューガルテン・カフェに行った。
ヒューガルテン・ブロンシュと
ゴイアスのトリプルを飲んだ。Ts280326
(写真はゴイアスのトリプル)

念願だったムール貝のワイン蒸しも堪能いたしました。

四谷三丁目:雨

洋品店の店先で野良猫が雨宿りしてたCa240162

言問い通りからSCAI THE BATHHOUSE を曲がり

三浦坂に出る。

中国茶を飲みに「anoma」へ向かう途中。

角に面白い佇まいのパン屋さんがあった。yanaka_010

大名時計博物館という看板を見た。時間が4時までだったので、もう閉まっていたのだが、なにやら面白そうな匂いがした。これは次回必ず来るぞ。

坂を下っていると、「猫注意」の看板が電柱に。yanaka_016

「猫注意って猫がたくさんいるのかなあ」なんて歩いていると、そこに猫グッズ専門店の「ねんねこ屋」があった。
思わぬ邂逅に、中に入らせてもらう。なにやら空模様が怪しい。とおくで雷が鳴っている。

猫の置物とか、猫の手ぬぐいなど、猫ファンには垂涎の商品がずらり。おくで猫の店員さんにすこし遊んでもらった。お茶ものめるそうだけど、これから中国茶を飲むので今回はパス。おなごり惜しいけど、ティーシャツを買ってお店を出た。出口まで猫が見送ってくれた。CA240168
(写真は猫の店員さん)

お店を出るといよいよ怪しい空。ぽつぽつと雨が落ちてきた。

目ざす「anoma」はすぐそこだった。本降りになる前に駆け込んだ。

お茶は烏東単叢金獅子というのを飲んだ。(正確には字が違うらしいけど。。。)
お店の中で嵐が過ぎ去るのをじっと眺めていた。お茶がいい味だった。

根津、谷中散歩

根津、谷中は江戸の匂いがする街並だ。
まだ東京に来てからいったことが無かったので
散歩がてら、行ってみた。

千代田線の根津をおりて、赤札堂を目印にすこし歩くと
お寺が多いのが目に付く。
江戸時代は寺町だったのかなと想像したりする。

坂をのぼりきったあたりに吉田酒店跡という商店跡が公開されている。

CA240166


中は昔の酒屋を再現しているようだ。

デジカメではなかなか奥行きのある雰囲気がでないけど。

CA240165

この酒屋跡から左折すると
日本で唯一台湾の「愛玉子(オーギョーチー)」を専門に出す喫茶店(といえるかどうか?)がある。
中国茶ファンとしては一度入っておかなくちゃなるまい、ということで、勇気を出していってみた。
すごくレトロな感じ。昭和40年代のお店。店構えは中華料理屋のような印象。愛玉子は植物から作るゼリーのようなもので、それ自体にはあんまり味がない。シロップをかけて食べる。普通の愛玉子(400円)。カキ氷のシロップと氷が乗っているのは(500円)。
空模様が怪しくて、雨が降りそうな湿気がむわっとしていたので、氷愛玉子をいただく。わりといける。

CA240164

この店の向かいがわにもなにやら由緒正しいお饅頭やがあった。ただ、もう目玉商品の塩大福が売り切れらしく閉店準備をしていたので寄らず。

(後半に続く)

もうすぐ梅雨ですね

クール・ビズと称してなにやら怪しげな服を着た政治家が
テレビに出てましたね。
スーツも似合いませんけど、かりゆしはもっと似合いませんね。
パジャマかと思った。。梅雨の季節に鬱陶しいことです。

友人が面白いサイトを探してきました。

たぬふら

笑ってください

(ただし、Flashとかが見れないなど苦情は受け付けられません。注:音の出る設定の人はご注意を)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。