« 江戸東京博物館 | トップページ | 連休中に »

川崎市岡本太郎美術館

久しぶりに川崎まで足を伸ばしました。
3年ぶりくらいなので、ちょっと道を間違ったりしましたが、なんとか到着。
川崎のこのあたりは、緑地公園が多いですね。
緑に埋もれるように、太郎さんの美術館はありました。
常設展だけでもほんとうに楽しめる空間になっていました。
子どものような感性で、創造力を発揮している作品のひとつひとつが
いろんなことを語ってくれました。

Ca240145

写真は『母の塔』
後光がさしていました。

« 江戸東京博物館 | トップページ | 連休中に »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

太郎氏は素晴らしい感性の持ち主でしたね。正に子供の様に純粋な感性だったと思います。でなければ、あのように心臓をえぐるような絵は描けなかったと思いますね。

太郎談:胸から吹き出す血は、即ち<死>を意味するが、同時に<激しい生>でもある。

私は真の生きる「誇り」というものが、ひしひしと感じられましたね。
妙なエゴでなく、美しく光り輝く人間がそこにいました。人は余計な装飾ばかりで、その肝心なタマ(魂)を磨こうとしません。そのうちにそのタマがしぼんでなくなってしまったかのように。ただ、それが見えなくなっているだけなのに。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/3982468

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎市岡本太郎美術館:

« 江戸東京博物館 | トップページ | 連休中に »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。