« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

電車通勤

サラリーマンじゃないけど
仕事場に行くのに毎朝電車に乗る
東京って電車網が発達しているので
たいていのところが車ではなくて
電車を使う。

でも

電車が止まったりすると、どこをどう通って会社に行くか
まるでパズルだ。

今朝、乗換えの後楽園駅についたら、
丸の内線が止まっていた。
後楽園からは南北線なので、別に良かったのだけど、
ぐるっと回った先、つまり四谷からは一駅だけ丸の内線を使う。

まあ、四谷につくまでに回復するかもしれんし。(甘かった。。)
とおもっていつもどおりに四谷へ。
四谷の隣の駅赤坂見附で人身事故。
それで折り返し運転をしていたけど、私が乗る区間は運休。

仕方ないので、四谷から会社まで20分くらい歩いた。。。。今日は昨日までとうってかわって東京はピーカン。
雨でも歩くのはイヤだけど、今朝はまだ9時前なのに。。。暑い。。。。汗だくだくだくだく。。。。。

会社についたら、「もうビール飲みたい」って気分でした。(ふー)飲んでませんけどね。

二子山親方が亡くなりましたね

かつて貴ノ花、輪島の時代に相撲のファンでした。
祖母がすごく相撲好きだったのです。
田舎に住んでいましたので、土俵を見に行くことなどできませんでしたが、
祖母の自慢は若いときに博多場所を見に行ったことがあるということでした。
私の両親が共働きで遅いので、もっぱら小さいときは祖母が話し相手でしたから
幼稚園児なのに妙に相撲に詳しい子供でした。

祖母は北の富士(前の九重親方ですね)が晩年好きでしたね。

北の富士といえば、貴ノ花との名勝負がありましたよね。祖母はもういなかったけど手に汗握ってみた覚えがあります。

その貴ノ花が初優勝したときは嬉しくて飛び上がった思い出などを思い出しました。

親方になられてからはあまり見なくなってしまいましたが、まだ50代で亡くなってしまうとは。
あんな関取がまた現れることはもうないのでしょうねえ。

水族館に

行きました。

池袋のサンシャイン水族館。

東京に来てからまだ水族館に出かけたことがなかったので
ちびっこの少なくなる時間の夕方近くになって出かけた。

まだ場内はけっこう人がいたが
面白い魚やらたくさんいた。
不思議と水槽のマエに立つと
寄ってきてくれた。Ca240156

これはタツノオトシゴの種類らしい。


こっちは出口近くのマンボウ
かなりお疲れのようだった。

Ca240160

鍼治療に行きました

昔から肩こりなのですが
最近忙しくて肩が張っていたのを
放っておいたら首までいたくなってきたので
会社の帰りに以前行ったことのある治療院に行きました。
ここは予約制でお客さん(患者さん?)は顔を合わせることがありません。
マンションの最上階の部屋で、女性の鍼灸師さんがひとりでやっています。
女性の人に多く来てほしいらしく
内装も薄いピンクに統一されています。

小さなカップにはいった金魚が私を見ていました。

静かにクラッシクが流れています。

私は体型的に首、肩の神経が圧迫されやすいらしく
筋肉を鍛えてたるまないようにしとかないといけないのです。
最近仕事ばっかりでジムにもいけないと
どうしても肩こりがひどくなってしまいますね。
鍼は何度かやってもらってますけど、相性がいいようです。
電気でびりびりやるのはちょっと好きじゃないので、それはやりません。
むかし低周波治療器でやったら余計に肩こった経験があります(笑)

1時間半くらいゆっくりやってもらいました。リラックスしたぞー!
ストレッチのやり方をまた教えてもらいました。自分で治せるといいなあ。

こまった贈り物

CA240155
昨日九州の母から荷物が届きました。

2~3日前に電話で「あんたの誕生日には早いけどバッグ送っといたから」というメッセージはいただいておりました。ただ、ショルダーバックとだけ。

ゆうべの午後8時すぎにやってきたバッグはオストリッチで
値札付き
98000円也。(うぁ!た、高い)

私を個人的にご存知の方は容易に想像できると思いますが、「私にお高いバッグ」は「猫に小判」とか「豚に真珠」よりも強い意味です。ブランドの洋服やらバッグには一切興味もございませんし、当然持っておりません。
また、化粧などもいたしませんので、そういうお高くておしゃれなバッグは無縁です。普段だって、仕事に行くのにもジーパンか暑くなればチノパンくらいで、仕事のときは革靴ですけど(しかもニューバランスの)普段は運動靴(スニーカですらない)ですし。夏は男性モノのスポーツサンダルですし。ああ、これはサイズがないからなのですけど(足が大きいので)


人にものを贈るときは、「このひとに似合うかな~」とか「これだったら気にいるかもしれない」と思ってあげますよね。でも、うちの実家の母はその点、人のことを考えられない人なのです。それは昔からそうだったのです。だからそういう意味において、買うときに阻止できなかった私の負けなのですが。
でもね、私の誕生日なんて4ヶ月も先だったし、予想できなかったのですよ。

98000円も使ってくれるのなら、他に頼みたいものもあったのにな~。スキャナとかさ。年金も払えてないから、現金でくれたらよかったのに(ぶちぶち)。。。。

母親に荷物の到着とお礼(?)をかねて電話したら、
「ちっとも嬉しそうでないね」といわれました。ええ、ちっともどころでなくぜんぜん嬉しくありません。
おまけに「せっかく買ってあげたんだから、喜びなさいよ!」といわれちゃいました。
嬉しくないものは喜べません。
使わないものにそんな大金払ってどうするんでしょう。まあ、私のお金ではないので、いいのですけどね。

世の母親ってそういうもんなんでしょうか?


で、困っているのは、このバッグの処遇なのです。

ブランドではないので、どっかのオークションに出すわけにも行かず、質屋に売り飛ばしてあとで母親に聞かれたら困るし。。。。たんすの肥やしになってしまうのに、年金からそんなお金出して。勿体ないなあ。ああ、困ったなあ。。。。

歯医者はお好き?

いま相棒が虫歯の治療で
せっせと歯医者に通ってます

歯医者って嫌いなひと多いですよね。

でも、私は結構好きなんです。

小さい頃は町の歯医者さんが少なかったのか
ずいぶん待たなくちゃいけなかったので、
嫌いだったのですが、

オトナになってから何故だか歯医者は好きですね。

でも、
子供のころに虫歯になったので
80/20運動には参加できないのです。。。。詰め物だらけ。。

先日

猫の日用の写真にぴったりの猫ちゃんに
千駄ヶ谷であったのです。
それでポーズもとってくれたんですが
夜で携帯しか持っていなくて
撮影しても真っ黒。

携帯のフラッシュじゃ光の量が足りないようです。

それで、掲載できず。。。。

ストレンジの法則

最近ネットでニュース検索してたら、どっかのページに「ストレンジの法則」というのが載ってた。
ストレンジの法則?なにそれー?
それで検索した。最近分からないことはたいてい検索すると分かるので、便利な世の中になったもんだ。
さておき、
ストレンジの法則:「有名人に限らず、女性が坊主頭やヒゲ面の男性に引かれるのは、自分にはない奇妙な個性に憧れる『ストレンジの法則』によるもの。欧米で流行したヒッピーのほか、日本でも昔から奇抜な格好の“かぶき者”に憧れる女性は多かった。いつの世でも真面目な女性がヤクザ者に憧れるケースは多いのです。また“体の素材”をワイルドに生かした坊主頭やヒゲなどは、女性には真似のできない男性固有のもの。そこに父性や頼りがいを感じているのです」(鈴木丈織氏 :医学博士・心理学博士 USAケンシントン大学助教授)
だそうである。つまりは「見た目の清潔感が大事なんだ」と、メンズエステに小遣いをつぎ込んでいるようなサラリーマンのアンチテーゼのように、最近はキタナ系の男がもてるんだという法則らしい。

でもねー。この記事にあったキヨハラとか、漫才のマツモトヒトシとか、Da Pumpのイッサとか
本当にその外見でもててるのかね?

実際にデートしているカップルを見ていると、ただ単に女性が「外見だけで決めてない」というだけのような気がするけどね。

そして、私の意見!やっぱりキタナ系の男は嫌いです。だってきたないもん。。。。

それに、顔は自分で作っていくもんですよ。キヨハラなんて40近いのに、あれですもん。品がないと思います。スキンヘッドにピアス。(怒)ぜったいフルタの方がいい。時を経るごとにいい男になっていくではないですか。
男は顔だ!外見だ!と思う男性は40になったとき素敵な顔でいられるように、ぜひ自分を磨いていってくださいね。

私の顔は。。。。追求しないでいいです。(w

日脚

日が長くなりましたね。

帰宅する頃はとっぷりと暮れていましたのに

最近はまだ明るいです。


写真は会社から都庁方面に夕日が沈んでいくところ。CA240152

久しぶりに

寝坊しました。

起きたときはすでに起きなくちゃいけない時間からほぼ1時間が経過しておりました。

でも、すばやい行動と早食いで

なんといつもより早く駅に着いてしまいました。(不思議だなあ~)

無論朝食もお弁当もいつも通りに済ませたのです。(5倍速くらいで)

やればできるんじゃん。。とは、相棒からのありがたいコメントでした。

終わってしまいました

日曜日に唯一楽しみにしておりました「名探偵ポアロとマープル」が終わってしまいました。
最後にシュミの悪いブローチなんぞポアロがプレゼントしてましたが、あれはNHKの終わらせ方なのだな、と。

もうあの山下タツロー氏の演歌のような曲ではっとわれに返ることもないのですね。

来週から「雪の女王」なのかー多分見ないなあ。。。


飯田橋で映画見ました

ギンレイで映画をみました。

「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」というのと「靴に恋して」
「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」はオマー・シャリフがよかった。
父性をうまく描いていましたが、ただ、コーランに頼りすぎの感がありました。
「靴に恋して」はなぜだかいい男がすべてゲイという落ちに???となりました。

開始マエに時間があったので、近くの喫茶店に行こうといつも抜ける道で
猫にあいました。

ここらでは地域猫の活動をやっているようです。

すぐに撫でて~ってやってきました。Ca240150

タイ・フェスティバル

原宿から程近い場所で「タイ・フェスティバル」がやってた。
出かけたらすごい人出。人を掻き分け進む感じでした。

昼間っからタイのビールを飲んだり、
「ドリアン」食べたりして楽しみました。

Ca240148

「ドリアン」はまだほとんど凍っていたので
あまりくさくなかったよ。

ビールを2本も飲んでしまってちょっとほろ酔い。

父の誕生日

13日は父の誕生日だ
よく俺は13日の金曜日生まれだなどと言ってたけど
実際は火曜日だった。
13日の金曜日になるとふと、そう思い出す。
54才で亡くなったから75歳の彼は思い浮かべられない。
ずっと54才のままだ。

Ca240151

写真は私を背負った父

鯨の死体

東京湾に迷い込んでいた鯨が死んだらしい。
その記事に「鯨の死体」という表現があった。
私はちょっとひっかかった。
鯨は「屍骸」で「死体」というのはちょっといただけない。
でも、辞書でひくとどっちでもいいらしい。でも気になる。。。。ほとんど職業病だよね。
NHKはどういうかな、と思ったら
「鯨が死んでいた」という表現になっていた。

日本語の表現というのは、とても難しくて時々はっとすることがある。

たとえばお父さんが
自分の息子を「不肖の息子」というのは、どうだろう。
不肖というのは「あやからず」(つまり似ていないという意味)
ということは、「自分に似なくてできの悪い息子=自分は息子と違ってすごい」ってことにならない?
謙遜してそうでしていないってことに。。。。


検索ついでに、NHKでは
「死体」と「遺体」ははっきり区別して使ってるそうです。

名前とか分かっている場合は「遺体」
名前が分かっていなくて、事実をはっきり伝えたいとき「死体」

ということでした。


風邪でした

金曜日に久々に新宿に飲みに出かけたら
寒くて寒くて風邪をひいたみたいで
週末+月曜日まで寝込んでしまいました。。。
おまけにたくさん食べてしまったので胃腸炎も併発。。。

ダウン状態でした。


ぼうっとテレビを眺めてすごしたのですが、

TVっていつのまにこんなにつまらなくなったんでしょうかね。

報道もなんだか中傷ばかりで。

JRの事故にしても、宴会やったり、だれそれがボウリングしてたってことはあんまり関係ないんじゃないですかね。そういったら、今日会社の別の部で事故だったのに、個人で夕飯にビールのんだって叱られそうです。
問題は役に立たない会社の連絡システムやら、
遺族に定期券の払い戻しに来いという連絡をしてしまうという形式主義が責められるべきなのでは?

JRってつぶれるなんて思ってないでしょ。危機感なんてあるわけないよね。
ほんで組織は大きいから、車掌区やら管轄が違えば関心なんかないに決まってるじゃないですか。
普通の会社だって、他の支店のひとが事件を起こしたって、あんまり関係ないって顔しているじゃないですかね。

それっていいことじゃ決してないけど。
マスコミだって、関連会社の人が何かやったって、別に関係ないって思っているんだから、
くだらないことほじくらないで、ずばっと本論やったらいいじゃないですかね。

ああ、熱があってうわごとですから。

連休中に

撮影した横浜の夜景

Ca240146


夜の風景って独特だよね。

昼間見えていたものを覆い隠すように

あるいは

まったく違うものを演じる化粧のように

そんな夜の光と影

川崎市岡本太郎美術館

久しぶりに川崎まで足を伸ばしました。
3年ぶりくらいなので、ちょっと道を間違ったりしましたが、なんとか到着。
川崎のこのあたりは、緑地公園が多いですね。
緑に埋もれるように、太郎さんの美術館はありました。
常設展だけでもほんとうに楽しめる空間になっていました。
子どものような感性で、創造力を発揮している作品のひとつひとつが
いろんなことを語ってくれました。

Ca240145

写真は『母の塔』
後光がさしていました。

江戸東京博物館

両国の「江戸東京博物館」に行きました。
常設展とシルクロード展で2時間半くらいかかってしまいました。結構見ごたえあり。
最後の方はかなりはしょってしまいました。閉館時間だったので。。。
写真は人形なのですが、祭りの神輿行列の模様です。(まるで暴動に見えてしまうけど)

Ca240140


帰り道
浅草まで歩きました。
川沿いに歩くと風が心地良かったです。
浅草に着くと、妙なビルが目につきました。Ca240142


アサヒビールのレストランだったので、ビールを飲もうかなとおもったのですが、いっぱいで入れませんでした。
残念。ベルギービールもあったのだけどなあ。
また今度。

メーデー

今日はメーデーだけど
特別になにかあるわけでもないし
予定もないので久々に家でのんびりすごした。
明日は仕事だし。
夜から雨になったので、出かけるのもなんだなあーと思っているうちに
こんな時間になった。

猫とは出会わなかった(出かけないから。。。)
かわりに鞄につけてる猫のマスコットを撮ってみた。(共演:あかべこ)Ca240136

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。