« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

神楽坂の

「ベルギービールの店」を探して
映画の帰りに行ってきました。

今日の映画は
「恍惚」と「ボンボヤージュ」
いずれもフランス映画。
ジェラール・ドパルデューがでてました。(2つとも)

恍惚のエマニュエル・ベアールって確かもう40近いと思ったのですが
まだ若い役をしてました。
「ボンボヤージュ」には、イザベル・アジャーニ。このかたもかなり御年のはずですが、
あいかわらずびっくりしたような顔をしてました。

で、ベルギービール。
きょうはヒューガルテン(ブロンシュ)と
ブリュノォ トラディション(アンバー)をいただきました。
ヒューガルテンは小麦とスパイスを使ったホワイトビール。
飲み心地さわやか。
ブリュノォ トラディションは「時が止まる」っていうコピーに惹かれて飲んでみました。エール系で野原っぽい匂いがあります。<写真上>
CA240134
CA240135

写真下はお店のコースター

園芸2

ハーブ植えました。

イタリアンパセリと
パセリ
それからバジルをプランターに植えてみました。

ようやく根が定着した様子。CA240130

黒蜥蜴

美輪明宏さんのお芝居を銀座に見に行った。
むかしビデオで「毛皮のマリー」をみたことがあったけど
なまで美輪さんの舞台は初めて拝見した。

この脚本は三島由紀夫が美輪さんのために作ったとあって、
全編美輪さんへの賞賛にみちている気がした。
そこは三島だから、形容詞の限りを尽くして
単なる賞賛の辞としてではなく
ときにはさげすみ、けなし
ぎりぎりの悲劇性を持たせながら
底流には美輪さんへの一大ラブレター詩になっていると感じた。

舞台上で美輪さんはとても輝いていました。
舞台で陽炎のようなオーラを纏って登場する俳優をわたしは初めてみました。
美輪さんのまわりには何色にも光り輝く陽炎が
四方に発せられていて、
エネルギーの強さを感じました。
Ca240133

字幕翻訳

今朝、電車で中吊り広告に有名なT/Nさんの「誤訳」事件が騒がれていると書いてあった。

確かに、T/Nさんは勘違いの多いひとだ。間違っていることも多いかもしれない。

T/Nさんは映画業界に顔が利くのか、大作をよく翻訳しては、「いかがなものか?」という訳をつけている。
誰もしゃべっていないときに、字幕を出すという禁じ手をよく使うし。

まあ、最近は目が衰えて、下訳を弟子、孫弟子にだして、それを校正するというようなスタイルをとっているという噂もある。公開スケジュールから考えて、下調べに時間が掛けられないというのはあるのかもしれない。ただ、字幕翻訳者はスターになってはいけない職業だと思う。裏方なのだから。T/Nさんを起用すれば、それで信用もあがると思っている配給会社も問題だ。

昨今の映画の作りから考えて、昔よりかなり早口になっている。だから、しゃべっていることをそのまま訳しているのでは到底字幕に載らないのも事実だ。技術的に難しい局面にきている。T/Nさんは確かもう69歳だから、その辺に対応できなくなってきていると思われる。字幕翻訳家の地位を確立して、映画というものを盛り立ててきた彼女の功績は大きいけど。
T/Nさんは映画会社のイベントなどでも、よく通訳みたいなことをしているけど、あれは生来の目立ちたがりのせいなのかしら。翻訳者は通訳はできないし、通訳者に翻訳はできないのだ。すくなくとも私も翻訳にかかわっている仕事柄、そう思っている。両方できる、というひとがいたら、多分両方中途半端なのだろうと思う。それでなければ、脳がふたつあるような天才でしょ。きっと。

字幕翻訳というのは、あくまでもその言語ができないひとの補助になるものであって、重箱の隅を突っつくような真似はしない方がよいとよく言われる。確かに、DVD版でおろされたT/Nさんの訳は問題だったかもしれない。だけど、その訳で映画が楽しいと思ってくれたら、それでいいような気がする。英語のできる人はどうぞ英語で楽しんでください。字幕なんていうものは、所詮無理なことをしてるのですよ。

ちなみにNHK基準だと、一秒間に4.5文字だそうです。固有名詞は長いと入りませんね。字幕関係の方、ご苦労さまです。

事故

先日の踏み切り事故もそうですけど、
尼崎の事件もやりきれませんね。
原因は今後の調査を待つとしても、
運転士がいままでオーバーランの常習者であったことなどを考えると、
安全だと思われたことが
前提から疑ってかからなくちゃいけないのかもしれません。

先日、NHKのドキュメンタリーで
六本木ヒルズの回転ドアの事故について検証していました。
あの回転ドアはもともと外国製で
もっと軽い材質で出来ていたそうです。
オリジナルの設計者は人が事故に巻き込まれないようにというポリシーのもと
それを設計しているのがわかります。
ところが、その会社が倒産して、
試作品だけを手に入れた業者はその根本のポリシーを読み取ることができませんでした。
強度を重視したために、当初の何倍にも加重がかかるようになってしまったのです。
人間は思わぬときに転んだり、荷物がはさまったりするものです。
そういうときに安全に止まるというのが「フェイルセーフ」の考え方なのですが、
六本木ではそれができなくて犠牲者が出てしまいました。

今回の尼崎の事故は
想像ですが、遅れたミスを取り返そうとして、急いだツケが招いたことのように思います。
遅延がすぎると賠償などにもかかわってきますし、
綱渡りのようなダイヤも影響を受けてしまいます。
かといって、曲がりきれないような速度を出していたとしたら
大事にするべきものが取り違えられているのではないかなと思います。

大学にはいったばかりの学生が亡くなったそうです。
まさにこれからというときだったでしょう。
そのほかにもたくさんの人が亡くなったと聞きます。
みんなそんなことになるとは夢にもおもわなかったでしょう。

魂が安らかになるはずもないのですが、
安らかであることを祈ります。

昔の写真なんだけどね

Ca240128
日曜日は猫の日なんだけど
きょうは一匹も出会えず。。。
むかしの猫の写真を携帯で撮影したんでぼけぼけなんだ。

来週の出会いを期待して。

園芸?

100円ショップでかった「かいわれセット」を育てている。
水だけで、種からずいぶん大きくなった。
ここまで5日くらい。
そろそろ弁当にでも使えるかな?というくらいになってきた。

今週は
バジルとイタリアンパセリなどを植える予定。Ca240129

フラメンコ

新宿の「エル・フラメンコ」というところに、食事をかねてフラメンコを見に行きました。
フラメンコ。言わずと知れたスペインの舞踊です。じかにみるのは初めてでした。
スペインの文化というのは、やはりどこか「アラブ」の匂いがしますね。
ヨーロッパと中東が交じり合うといえば的確でしょうか。
ポルトガルなどと同じく、かつてのイスラム帝国の名残を感じさせます。
アジアの踊りが「柔」であるのに対し、「フラメンコ」は「剛」を感じさせます。
強さが強調されることで、含んでいる悲しみや孤独などが感じられるものでした。
写真は撮影が禁止されていたので、撮れず。ちょっと残念。

そしてタローさんの許へ

岡本敏子さんが亡くなった。
一度はお会いしたいと思ってたのだけど
ぐずぐずしているうちに、タローさんのところへ行ってしまった。
敏子さんはずっとずっと元気でいらっしゃったので
ずっとずっと生きているもんだと思ってた。

肉体という枷がなくなって、本当に自由な魂そのものになって
タローさんのところへ行くんだろうなあ。

川崎に住んでいるときに、タロー美術館が近かったけど
ちょっと行きにくい場所だったので、
行きたい、行きたいと思っているうちに
東へ東へと引っ越してしまって
とうとう行けずじまいになっている。

今度行こうかな。連休中にでもね。

変わった名前の

お豆腐

頂き物だけど。

風に吹かれてみました。おいしかったです。Ca240124

スローガン(patriotic slogan)

最近よくスローガンを耳にする。
「愛国無罪」
私は中国がもっている長い歴史や
文化は好きなので
中国人がこの「スローガン」に嵌っていると
すこし困ったなあと思う。

歴史から何を学ぶか?
個人的には「同じ轍はふまない」ということと理解する。
歴史にはいろんな側面がある。それを研究することには意義があるでしょう。
戦争も然り。原因が1つに集約されるほど単純な戦争は、近代国家にはない。
20世紀に起こった数々の戦争が、マスコミやどっかの大学教授が言うような
「軍部の台頭」やら一部の人の「利権」だけを契機に起こったのなら、
ことは単純で、その人たちが責任を負えばいいのだけれど
日本は大まじめで数々の戦争を行っていたわけで、
少なくとも「国を守ろう」として、たくさんの命(外国の人も、日本人も)が喪われたわけです。
どこが間違っていたのか、いまも検証はされませんけどね。

歴史を振り返って、いま学習することは、今の中国の状況は
昔日本が振りかざした「神国ニッポン」と同じスローガンであることに
気が付いてもらいたいもんだ。

アメリカに取って代われる経済的なリソース(物、人)を持ちながら
本当に歴史から学ばないなら
「歴史は繰り返し」ていくだけだろう。

@NAKANO

3年ほど前、中野の路上であった
りっぱな毛皮の猫ちゃんcat1

drive

群馬県桐生市までドライブ

桐生ってどんなところって知らないで
出かけました

古い建物が残っているところを見ると、戦災にはあわなかったのかなと想像できる。
メインの通りには、なにやらキャラクターマークのノボリが絹の糸車をもっているから
織物の産地であるらしい。

友達から聞いていたお茶屋さんに寄った。
古い井戸からお水をひいていると説明された。
CA240115

喫煙者受難?

アメリカへ向かう飛行機、アメリカからの飛行機に「ライター」の持ち込みが禁止されましたね。
預ける荷物にも入れられず、危険物の預かりの対応もしないそうで。
私はタバコは吸わないので、別に困りはしませんけど、よくお土産で売っているzippoのライターも
買えなくなりますね。オイルいれなかったらいいのかしら?

いずれにしても、タバコを吸える場所が少なくなってしまうと
かえってマナーの悪い人が増える気がします。
きちんと分煙されていれば、タバコ吸う人がいても私はいいですけどね。
マナー悪いと自分たちがどんどん吸う場所がなくなっていくことに気づいてほしいですね。

朝、駅から会社までに吸いたいと思って、ガシガシ吸っている人がよくいますが、吸殻は下水に捨てちゃだめですよん。

今仕事中なんだけどサ

先日、川崎市の中原区にある小杉消防署の上にビジネスホテルを建設する計画があると、ニュースで言ってました。
中原区小杉。そんなに田舎じゃないです。
ということは、救急車の出場回数はかなりあると思います。
ホテルの下に消防署いいじゃーん、って思う方いるでしょうね。
今の職場は実は四谷消防署のすぐ近くなのですが、救急車の出場するたびにサイレンなります。
鳴らさずに出場することは出来ません。
だって、緊急車両だからこそ、サイレンならして交差点で赤信号進入ができるのですから。
その数は半端じゃありません。
夜も昼も関係ないです。
その上にビジネスホテル。。。。作らない方がいいんじゃないでしょうか。
仕事場で毎日救急車だの、消防車だの音を聞いていますけど、昼間ですからね。
それでも、やっぱり慣れませんよ。

そうそう、ここの職場四谷警察にも近いので、パトカーだの、白バイだのの騒音もすごいです。
それに、四谷四丁目の交差点は、バイクの右折禁止を取り締まる結構な穴場らしく、毎日白バイが居ます。
前にもいいましたが、50CCのバイクは二段階右折だからね。
捕まんないでね!

Wave

鎌倉の海を眺めながら
ふと考えた。
この波の力を電力につかえないのか?
原子力だの、火力だのでなくても
波って結構安定した力があるんじゃないのかな?

そう思って、そんな研究している人いるのかなと
検索してみました。

波力発電。

あんましメジャーじゃないけど、いくつかのやり方で
研究されていました。

ノルウェーだったかな、実用化されている国もありましたね。

核燃料などで、日本を汚さないで、四方を海に囲まれているのだから、
風力とか、太陽熱だけでなくて、波力発電、推進してほしいな。

風の強い日だったね

鳥が風にながされまいとホバリングしていました。
CA240110

マンホール

マンホール・リレー」に寄せて。

鎌倉に行った。街をぶらぶら散策して、駐車場に帰る途中に、このマンホールがあったので、撮影した。
海岸が近いので、砂にまみれてよく見えないかもしれないけど、綺麗な青いろでした
CA240107

水俣病に新救済策、問題点の検証へ懇談会設置…環境省(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:水俣病に新救済策、問題点の検証へ懇談会設置…環境省(読売新聞).

私のふるさとの問題。ずっと昔からこの問題で訴訟が繰り返され、病気の方が救済されないまま今に至っている。
毎年毎年認定申請が出され、要件を満たしていないと却下。人間の体はメチル水銀が蓄積すると、それぞれ違った反応をするのだけれど、これを判定する機関が限定されていて、基準が2つ以上該当しないと認定されていない。
認定されずにたくさんの人が苦しんでなくなったことを聞いたり、見たりして私は育ってきた。
認定をまっているひとたちが、一日でも早く救済されることを望む。

病気障害がなくなるわけじゃないけれど、せめて医療費の負担が軽くなりますように。

キョジンお好きですか?

リンク: @nifty:NEWS@nifty:巨人が今季初勝利=プロ野球・横浜-巨人(時事通信).

私はキョジンが嫌いです。小さい頃、父は野球シーズンになるとナイトゲームをみていました。今のようにビデオがあったり、他の部屋にTVがあるわけじゃないので、必然的に見ていました。そう、だから野球はよく知っています。ナガシマやら王が活躍していた時代からずっと見てきていますが、ナベツネがしゃしゃり出てきた野球界は見る気もしません。今年はニュースでキヨハラがピアスをしているシーンをたまたま見ました。その前に地震で被災した学校に講演に行っているのも見ました。プロの選手はプレーで見せなくちゃいけません。体づくり。してませんね。あれは野球の選手の体ではありません。
開幕から4連敗。あたりまえです。野球は9人でやるものです。しかも、プレーが優れていなくちゃいけません。昨日勝ったそうですが、本当は10連敗でもしてほしいです。

暑いですね

CA240100


きのう朝六義園に出かけました。

しだれ桜がとてもきれいでした。

本当はライトアップに行こうと思ってたのだけど、
時間がなくなってしまって。

日本人と桜って特別なんだとよく言いますが、
桜にあまりに想いをかけているせいか、
夜見る桜は不気味です。妖気があるように思います。

ローマ法王がなくなりましたね

私はキリスト教系の学校を出ましたが、キリスト教徒ではありません。結構教会に行った時期もありましたし、洗礼をうけてもいいな、と思った時期もありましたが、自分らしく生きるために教会に行くのはやめました。「コンクラーベ」私の知っている限り、今度は3回目です。ヴェネツィア総大司教アルビノ・ルツィアーニ。この方は実はヨハネ・パウロ1世ですが、まだ若い法王だったのに、即位後33日でなくなりました。いまだにミステリーです。教会の権力闘争にまきこまれたなどと憶測されたのですが、病死ということになっています。そのあと選ばれたのが、亡くなられたヨハネ・パウロ2世でしたね。カロル・ユゼフ・ヴォイティワさんというのが本名です。その当時まだ彼の祖国は共産圏でしたね。その後、ポーランドが「連帯」の運動などを経て、民主化されていきましたが、ヨハネ・パウロ2世はかなり政治的に動いた法王さんでした。

このあとを引き継ぐ法王は、今世界が微妙な時期であるので、お立場が難しいでしょうね。バランス感覚のある人になってもらいたいものだけど、やっぱり枢機卿のあいだでも政治力が必要なのでしょうかね。10億とも言われるローマンカソリック系信者の頂点。

アルビノも土に、カロル・ユゼフも土に

ル・ブルターニュにて

gallet
日曜の映画のあと、神楽坂の「ル・ブルターニュ」へ。
ここはシードルとガレットのおいしい店。
でも、この日はデザートとして、キャラメル・リキュールをいただいた。
フランス人のおじさんが、底が三角のグラスに入れてくれた。こぼれそうでこぼれない。

飯田橋にて

Ca240099飯田橋に映画を見に行った帰り、
抜け道をするために路地に入ると、
そこに猫がいた。
撮ってくれっていう感じで
玄関の前に鎮座していたので、
遠慮なく撮影した。

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。