« 土曜日飯田橋へ | トップページ | 諫早湾の干拓 »

所謂ひとつのベースボール

私は現役のころのナガシマもみたことがある。
でも、スターだ!といわれる所以がさっぱりわからない。
世の中にはたくさんジャイアンツ親父がいることも知っている。
自分の親もその部類に入っていたから、
その存在もわからないではない。

でも、なぜナガシマは
あんなに中年男性のこころを虜にしてしまうのだろうか。

今回日本はドリームチームで臨んだ(オリンピックに)。
でも、最初から眼中になかったオーストラリアに負けてしまって決勝にさえいけなくなってしまった。
これはオリンピックに参加する前にどこでどういう風に勝って
どこを捨てるかということを考察していなかったからだ。
予選全勝にこだわったために(全勝するのに越したことはないのだけど)
人員と日程を考えれば、どこで勝ってどこで手を抜くかを考えておかなくちゃいけないのだ。
あきらかに作戦負けである。
指令塔のいないチームの弱点だったかもしれない。

ナカハタ・ヤッターマン監督代行は
「予選一位通過にはもっと特典があると思ってた」と言ってた。
それも予選を通過してからの話だ。

ナガシマが本当に元気でアテネに行ったとしても、
それが出来たとは思えない。
ナガシマの監督としての能力はそう高くない。
それはみんなが知っているのに
ネームバリューでそれにすがってしまったオリンピック野球チームの悲劇だ。

私はナガシマに監督させるなら、他のコーチや裏方にもっとしっかりした人を選ぶべきだったと思う。

ナガシマがアテネに行こうと行くまいと
結果はおんなじだったことだろう。

まあ、中年親父キラーのナガシマ氏の早い回復を祈る、ね。

決勝に行けない精神的ダメージは
結構大きいので、

カナダに勝つといいね。

« 土曜日飯田橋へ | トップページ | 諫早湾の干拓 »

「ユーリャの日記のページ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/6619389

この記事へのトラックバック一覧です: 所謂ひとつのベースボール:

« 土曜日飯田橋へ | トップページ | 諫早湾の干拓 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。