« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月

初めてのクラッシックコンサート

昔、子供のころ、学校で行く行事はあったけど
ホールに出向いてオーケストラを体験したのは
初めてだったかもしれない。
ただ券が入手できたので
「都響」の定期演奏会というのに
昨日でかけました。
ひどい雨だったのだけど、
楽しいひとときを過ごしました。
演奏曲目は次のとおり
指揮/下野竜也(小倉 久寛さん似)
ヴィオラ/今井信子(ヴィオラ名人らしい)ゲストソリスト
・ベートーヴェン:序曲「レオノーレ」第2番
・ヒンデミット:「白鳥を焼く男」
・シューマン:交響曲第3番 変ホ長調「ライン」

ヒンデミットの「白鳥を焼く男」って誤訳っぽいけど
ドイツだかの古謡をもとに作られたそうで、今では「ずいずいずっころばし」みたいな意味のわからないなぞのことばらしい。

サントリーホールの前の桜が
ライトアップされてとてもきれいでした。

砂の器

追跡されるのと追放されるのでは

追放されてあてどなくさまようのと
追跡されて逃亡するのとでは
まったく本質が違いますね


ドラマとしては逃げ回ったあげくに
家族に迷惑かけて
それでも親と子なんだというショットで
終わりを迎えたわけですが、
やはり薄っぺらさだけが
残ってしまいましたね

あれなら、最初に突き飛ばしたときに
手当てをして
会いたくない理由、他の人物になりたかった理由を
話せば、三木元巡査が分からないではない人物だけに
無理な展開だったかもしれませんね。

このドラマの印象は
ワタナベ・ケンが目で演技するという点と
回を経るごとに周りが影響されて
演技の質が変化していくのを眺められたことでしょうかね。

週末


埼玉群馬方面にドライブに行きました
東京に出てきてまだ6年だけど
こちらの方面は
行ったことがなくて。
ドライブの途中で
「国定忠治の焼き饅頭」をたべました。
写真はそのときのもの。
民家風のたてものがとてもよい雰囲気でした。

ほかにもたくさん行ったけど
きょうはこの写真

とーり・すがりのことばから

思い出したことがある
最近聞いたことなので真偽のほどはわからないのだが
人間の精子には3種類あって
卵子に到達できるタイプと
前にいる精子をやっつけるタイプ
後ろからくる精子から守るタイプ

そういうふうに「ロード・オブ・ザ・リング」を見たら
顰蹙を買ってしまうのでしょうかね(笑)

※でも、よおく考えたら、すごいぞ卵子!
(これ以上はきわどいので自粛・・・)

ふたたび

ホテルハイビスカスを見に行きました。
久しぶりに「てーげー」パワーをもらった気がします。
帰りに食事して、すこしいい気分で帰宅。

雪の日のBG

土曜日
東京になごり雪が降りました
みぞれまじりで
なごり雪とはいえないかもしれないけど

まどからそれを眺めながら
「雪景色」のBGについて語り合いました
Beatlesの「Hey Jude」が聞こえると彼女は言いました。
私には何が聞こえるだろう。

スメタナの「わが祖国」が耳をかすめていったような気がしたのは一瞬で
S&Gの「Old Friend」だった気もします。

私たちのうえにしんしんと降る雪

あなたには何のBGが聞こえますか?

訂正

↓の記事の間違いを指摘されました。
中野区の選挙の結末は
じゃんけんでなく
くじ引きでした。

ご指摘ありがとうございました。

じゃんけんで決まる選挙

去年の中野区議選挙
最下位の当選が次点と同票だったので
選挙なのに「じゃんけん」で議席が決まった
おもえば私去年中野区民だったのに。。。
投票に行かなかった私が悪いのかな…(・・;)
なんだか複雑な気分だなあ。

セドナ

冥王星の向こうにセドナって惑星が発見されたそうです。
私のホームページも
セドナのボートに改名?しなくちゃいけないのかな?

なんせ果ての果てってイメージだったからなあ。。。(ぼやき)
太陽を回るのにずいぶん時間のかかる惑星らしいから、
ゆっくり考えることにしましょうかね。
(本当に太陽系なんだろうか、それ)

巣鴨

日曜日
巣鴨のとげぬき地蔵さんに行きました。
東京に来てもう5年以上になるのに、池袋より先に行ったことがなくて
(もちろん埼玉とかには足を踏み入れたこともないのです)
巣鴨を知らずして、東京の第2の原宿とも言える巣鴨に行かねば…と
出かけました。
さすがです。
さすがに「おばちゃんの原宿」です。

ひさびさに自分が若いのだと思いました。しかも
なーんにもできない若造だと思ったのです。
オバちゃんはパワフルだねえ。


巣鴨のとげぬき地蔵ってテレビでしかみたことないのだけど
意外にせまーーーい!

ちゃんと露天に
赤いパンツ売ってました。

露天などをゆっくり眺めながら散歩しました。

近所に

カレー・スタンドができたので
早速昨日テイクアウトしました。
シディークって店です。

ナンが付いていて700円くらいだったから、
お買い得でございました。

最近自宅でゴハンを作るようにしているのだけど
昨日はちょっと手抜き。

そうそう、自宅で作るってことは

はい、ビンボーの始まりです(笑

鳥インフルエンザ

自殺した人も出たくらいだけど
世の中ちょっとヒステリーっぽくないかい?
確かに、ばれる前に売り抜けちゃおうって思うのは
食品を扱う業者としては失格だけど、
それみたことか!って追求するマスコミ。
どうかな?
それって。
このところ食品業界のシステムが
「ばれなきゃいい」って方向で動いているけど、
自社の製品に自信も誇りも喪っているんだろうね。
雪印、肉の業者、魚の不正表示。
こうしてシステムが崩壊していくさまをみると
世の中結構善意で成り立っていたんだなと思うことしきり。

ほんとうに大切なもの

これまで何で気が付かなかったんだろう。
ほんとうに大切なものを
ほとんど無視するように生きていたような気がする。
いつも自分は自分と思っていたのに
その自分をいつも傷つけ
痛めつけてきたのは
本当は自分だったなあ。

無理難題を自分に課して
それができないことがどこかでわかっていて
遠まわしに自分をいじめて
そうして悲劇のヒロインになって
酔っていたのかもしれない

私を大事に想ってくれる人に会って
驚くほど簡単に今恋をしているけども
(ひかりファイバー並なんだけどね)

私に本当に大事なものを教えてくれて
ありがとう

あなたと寄り添って
生きていきたいと思います。

高校時代の

友人に昨日会いました
教員をやっていて修学旅行で東京に来たので
顔を見に宿泊しているホテルで
小一時間話しました。
懐かしかった。

普段はめったに九州のことばなど使わないのに
いつのまにか17、18歳の私たちになっていたようです。

ボウリング


ひさびさにボウリングしました
行きつけの店のボウリング大会だったので。
3位でした。ハイスコア172
子供のころ、すごくボウリングが流行って
田舎でも小さな町にボウリング場が2、3軒あった時代
週末になると親に連れられてよくボウリング場に行きました
たぶん10歳くらいからやっているからキャリアは長いですねー

しばらくして、次々とボウリング場が廃れて
パチンコ屋になったり、しばらく廃墟で
でっかい看板のピンが横倒しになってしまったり
そういう時代を感じますね

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。