« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004年2月

Tatoo

私の友人にTatooが好きな子がいる
ロシアの私が(笑)やっているバンドではない
肌に墨を入れるあれだ
私自身は痛いのやだから
まったく入れる気などないのだけど
先日それにいれる文言を訳してくれって頼まれた
一生残るのだから責任は重大じゃん

まあ今回はいれないことになったので
それは不採用になったんだけど(笑)
それで昔「変身する女」という映画(フランス映画だから、これ)で
臍の下に蝶のきれいなTatooを入れているフッカーが
出てきたのを思い出した
この「変身する女」はかなりきわどくて落ち込む映画なので
心の健康なときにどうぞ。
それと「バウンド」のなかで、やくざの情婦が
コーキーを誘惑する左胸のバラのTatooが印象的じゃわい

眩暈


ひどくて今日は会社を休んで
自宅で安静に
10代の後半から抱えている持病で
体調が悪くなると
のろしのように
この症状がでるんだ

今回は2日くらい前から
兆候があったので用心していたんだけどね

よい親になりたかった

自由に
のびのびと
若い人を育てたかった

自分の愛情のもちかたは
のびのびできなかった自分を
取り返す作業だったのかもしれない

しかし
愛情をもって関わるなら
最後まで投げ出してはいけないのだ

逃げ出したら
自分ものびのびさせてくれなかった親と
私は同じなんだ

ゆうべ「夜廻り先生」という定時制の先生が
いってた
「偉そうにいう人は
本当に偉くならないと
人に話を聞いてもらえない」

私はただ偉そうなだけの人物だった

砂の器の

録画をするのを忘れてしまって
昨日の分が見られない
見られないと
見たいという気持ちが募るのだけど
だれかビデオにとってないかなあ?

久しぶりに友人宅で
友人の子供と遊ぶのに熱中して
すっかり録画のことを忘れていたのだ。

ああ、痛恨・・・

携帯カメラで遊んでみました


USBのインストールがうまくなくて
ちょっとデータを移すのに
手間がかかるけど
メディアがついている(ミニSD)ので
前の機種みたいにいちいちメールしなくてよいので楽だ

discrepancy

橋本治の「「三島由紀夫」とはなにものだったか」という本を友人から借りて読んだ。大変面白い本だった。
橋本流の「豊饒の海」論なのだが、
この本を読むために「豊饒の海」4巻を読んでから
この本にとりかかった。準備万端である。
この本を読むのに、ちょっとした舞台装置をもうけて
ある喫茶店でいつも読むようにしていたのだが、面白いのであっという間に時間が過ぎていた。

でも最近思うのは、三島が「不可能性に欲情する作家」であったのなら、私はdiscrepancyに欲情して、いつも結果やぶれているのではないだろうか。そうしていつも海辺に。
水辺は私の再生の場だから、私が海に行ったりしてたら
ひとつdiscrepancyに敗れていたのだな、と思ってよい。

今度の携帯のカメラ

性能がよすぎて
いまいちイメージがつかめない

むずかしい

下の写真だってでかすぎるぜ!
意外とより目なんだなあ、私
よっぱらうと目が離れるらしいし…

風邪ひきさんの朝

私の寝起きの顔

心機一転

私、ひとつ人間関係を失いました。

残念ですが、しかたありません。

心機一転です

携帯を変えました

あんまり迷惑メールやらが入ってくるので
携帯を変えました。
ドコモからKDDI-AUに
まだカメラが使いこなせないので
今日はまだアップできないです。
このあいだいった鎌倉のレトロでかわいい喫茶店の看板
(この文のかわいいはどこにかかるのでしょうね、文脈だと喫茶店かな?)をアップしてみましょうかね。

鎌倉2

夕日がきれいでした

鎌倉に


行きました
海が見たかったのです。
でもそのあと呑みすぎて
みんなに迷惑かけました。
ごめんなさい


ジャネットのおっぱい

ぽろり事件
まあ意識的に受けると思ったのだろうが、
レッドネックの大好きなフットボールでやったのは間違いだったなあ。
ジャネットはきっとフットボールと自分が同じくらいの価値があると思ったのだろうけど、フットボールの好きなアメリカ人は
ジャネットを好きなアメリカ人ではないのだ。
「これくらいの演出はして、ちょっとみんなをびっくりさせちゃおう。だって私はジャネットだし」と
思わないでもなかろうが、意外にアメリカの一般的な性意識は「お堅い」のだ。日本なんかアジアで一番だめ子ちゃんだから、昼間っからおっぱいでも下着でもオッケーだが、
お隣韓国から高校生と先生のキスシーンでクレームがつくくらいだから、世界と日本のずれって大きいのかもしれない。
昔、コマーシャルで黒柳徹子がおっぱいのプリントのTシャツを着ていて物議を醸したことを思い出した。あれはずいぶん昔なのかな?それともそれだけ日本って意識がかわったのかしらん

私はジャネットの服剥ぎ取る演出もおっぱいポロリもたいして
クレームつけるものでもないと思うんだけどね。。。

風邪ひいてました

先週の金曜くらいから
ちょっとのどが痛くて
風邪をひいたようです
まあ、ヒマコさんの「オレンジジュースがぶのみ」を
実践していたのですが、
木曜のよるちょっと気を許して
加湿器に水をたさないで寝たら
朝のどがガラガラでした。
まあインフルエンザとかではないらしく
熱も微熱程度ですんだのですが
みなさんも気をつけましょうね

日曜日
しっかり「砂の器」見ました。

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。