« 2003年10月 | トップページ | 2003年12月 »

2003年11月

最近読んだ本のなかで

面白い一説があったので、
ここに書いておこう。

さいころを振ったときに「6」の目がでた。
次に振ったときに何が出ると予想するだろうか。

ここで人間には3つのタイプがあるという。

最初に「6」がでたら、次も「6」がでるぞというギャンブラータイプ。
最初の「6」には惑わされず、冷静に次の目を予測する冷静タイプ。
最初に「6」がでたら、次は「6」は出ないだろうという繰り返しはないだろうというタイプ。

これは精神科医の春日武彦さんの本の中に登場する一説なんだけど、あなたはどれ?

私はギャンブラーと最後のタイプを交互にやっている気がするんだ。それって、ひょっとして分裂しているのかしらん???

ご心配かけておりましたが

12月からいちお
仕事先が見つかりました。
仕事場は四谷4丁目。
すぐ近所なんで歩いていけちゃいます。

ちょっと時給は下がりましたが、
交通費かからないんで、
助かります。

光の川


用賀のオフィスに出かけるのも
あと少し。
先日夕暮れの景色がきれいだったので、
携帯のカメラで撮影してみた。
首都高と夕暮れとわたし

俳句の起源

BBSで俳句の攻略法を聞かれたので
知識としての俳句について初めて調べてみた。
それによると
【俳句の起源は、中世の俳諧連歌。
5・7・5の17文字の発句に、7・7の14文字の脇句を付け、さらに17文字の第三句、14文字の第四句と言う風に、17文字・14文字を交互に歌い、第100句まで続けて詠むと言う形式。

この内の最初の発句のみを詠んだのが、松尾芭蕉・小林一茶・与謝野蕪村たちで、この時代は「俳句」とは言わず「発句」と言っていた。】

ちなみに8月19日は「ハイクの日」だそうである。

最近長いものがかけないので、形式として短歌とか俳句みたいなものが増えた。
ただ、長いものがかけないというだけで、俳句が書きたいわけじゃないのだ。

2、3日まえにすごくいい詩を思いついたのに、書き留めなかったので
忘却の海のなかにそれは消えていってしまった。ただ、よかった気がするという感触だけをのこして 

さてさて

新聞(ネットでね)見ていたら、
新幹線の運転士が仕事中にメール&携帯の写真
という記事が出ていたんだけど、
なんでばれたんだろう?と不思議に思っていたら、
人の奥さんに送信していたんだねえ。
私が運転士なら、撮影しなかったか?
イヤーたぶん面白い映像が撮れるだろうから、
撮影しただろうなあ
安全性の問題なんだろうけど、聞くとこによると
ほとんど触る必要はないんだって。見ているだけ。
そうするとヒマだから、外でも眺めてようかな⇒撮影しちゃお
または、彼女(彼氏)にメールしちゃおになってもおかしくないだろうし…モラルの問題なのかあ?
でも、先日クルマを運転しておりましたら、タクシーの運転手さん
信号待ちのときに、コミック本よんでましたよ。それってどうなの?
信号待ちなんてたかだた1~2分だよ?
それもヒマなのなのなの????

パサージュ論を

読みかけて
寝てた一日だった
また鼻水がとまらねえよお、花粉症か??

ひまだったから、ロック風に怖い顔してみました。
いける?

今日は


地震で起こされたので
早くから目が覚めていた
そうしたらいつもは地震に鈍感な友人から
メールが。。
さすがに気がついたらしい。

それで先日面接を受けた会社に断られたので
早速他の会社のトライアルを1本仕上げ、詩を2つ書き
ひとつは自分のホームページにアップして
もうひとつはWeb詩人の会に

それから髪を切りに行って
フレッシュネスバーガーで
お気に入りのサルサバーガーとダイエットペプシを飲んで
四谷の図書館へ

ベンヤミンの「パサージュ論」1と
アーレントの「全体主義の起原」1をかりてきた
読むかどうかは気分しだい

トライアル

翻訳の仕事をしていると
よくトライアルという試験を受けさせられる
ほんでよくおっこちる
まあ、基本的に下手なんだろうけど
おっこちるとへこむね

ゆうべなぜだか
昔みた「トップガン」という映画を思い出した。
優秀なパイロットのはなしで、今はなぜだか侍やってる(笑)トム・クルーズの出世作だ。
なぜ思い出したかというのは、分かる人には分かるよね。

典型的なアメリカ成功物語だったよね
そーいえば、「ベルリン」ってグループはどこへいったんだろう。
F15にのって消えたね。

風邪

ひいてしまいました
ここんところ、暑かったりして布団からはみ出したりして
寝てたからなあ

でも、今日は朝ごはん買いにいくついでに
選挙に行ってみました
選挙に全く関心はないけど
近所を散歩してみたかったので
選挙の立会い人ってどうしてあんなに人間が必要なのでしょうか?
投票に来ている人より
多いよ

昨日面接に行った

なんだか、このローカライズという仕事、向かないのかなあ。
なんだか嫌な感じ。

自宅で仕事できるように頑張るかなあ

確率

私は算数および数学が超苦手なんで
よく分かってないのかもしれないけど
1から9までのカードを三枚引いて(その都度カードを戻す)7が三回でる確率と
2,3,1とでる確率は同じ。

これは理屈では分かるんだけど、
なんだかしっくりこない。

こんなことに拘るから
算数できないんだよね(笑

イモリとヤモリも
あまりに考えすぎてまちがうし…

昨日まで

九州の実家に帰省しておりました
最初と最後の日だけ晴れでしたが、
後は雨模様
撮影に行きたい場所はあったのですが、
またの機会にということで。

少しばかり撮影したものもあるので
おいおいまとめようかなとも考えています。

有栖川の

お家かしらここは
あまりのタイミングのよさに
しばし爆笑してしまいました。

« 2003年10月 | トップページ | 2003年12月 »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。