« 2003年9月 | トップページ | 2003年11月 »

2003年10月

明日から

しばらく東京を離れます。
来週の初めには帰ってくる予定です。
その間たぶん日記は更新できないと思います。
PCは持っていかないので。
太陽の黒点の影響やらで
無線とかが不通になるらしいので
ひょっとしたら、飛行機にのったまま
どこぞへ消えてしまうかも知れませんが(笑
また帰りましたら、
その間のお話など。

詩:「夜を駆け抜けて」と「Night Drive」の間

これは同じような状況の2つの詩なんだけど、好対照になったね。
「夜を駆け抜けて」の向こう側に透けて見えるのは、
すでに喪われた関係にすがろうとする自分の弱さ
喪われているからこそすがろうとするのかもしれないけど。
「Night Drive」はいつも一緒ではないけれど「絆」を表したかったんだよね。

愛するということ

愛するということはどういうことだろう

愛することで初めて人間は他者と出会う
これは他人ではない
また他者と出会うことで愛を知る
他者に出会うためには
自分が自律した人間である必要がある
こうして他者と出会っても、
自覚のないものは次々にエゴに飲み込まれていくのだ。
これは用心していても一緒だ。

さてどうしていけばよい
あるがまま
起こるがまま
見つめていくだけか?

忙中閑あり

一日メール対応の日かと思うほど、朝からメールを見て
返事を書いての繰り返し。
なかなか分かってもらえないと、
電話したりして。
メールって意志の疎通が難しいのかな。
ヘンな方向にいかないように、リードするつもりが
思いも寄らない方へミスリードされること多々。
日本語に自信なくなってきた…

ヤンキースが負けてしまったので

もう楽しみもないけど
さて、日本シリーズは
ホームチームが勝つという
なんとも、サッカーみたいな効果があるのだなと
思ってみていました。

明日から、仕事。
やめると分かっている仕事に行くのは
かなり気合が必要だ。

モチベーションが下がりっぱなし。

独立展

東京都美術館に
うちの母親の知り合いが出品しているので
見に行ってきた。
独立展はとても出品作がおおいので
見て回るのに苦労した。

正直、奇抜さは買うけどねえ。
あまり感動するのはなかったねえ。

さてさて

変わった世の中ではあるけど
なんとか宮様というのが
あれほどブランドなのかしら。
ニュースをみて???な私。

それにつけても野球などまったく見ない私が
先日ワールド・シリーズを見た。
「ワールド」が効いてますね。アメリカ=ワールドなんだね。
これでも昔はプロ野球見てた。親父さまが巨人ファンだったからだ。
昔の人なんで、父権というものがまだ家庭にあった。
(今考えるとずいぶん頼んない親父さまだったが)とりあえず、昔は怖かったから、チャンネル権などなかったのだ。子供には。
それに、地方だったから、チャンネルがそんなにたくさんあるわけじゃないのだ。ぼう国営系と、民放が2社。(最初は1社だったような)
あるときから、(正確にいうと京都にある某D大に入った瞬間から)
野球が見れなくなった。
京都で巨人ファンは許されない
しばらく見ないでいたら、
興味がなくなってしまった。
だから、今は地味にヤンキースを見ているだけだ。

決してバルーンなど飛ばしたりしない。

ひそかな愉しみ

こういうと
淫靡なことを想像するかもしれないけど
最近凝っているのは
ドライブなのである。
運転免許をとってはや20年以上になるが、
3年くらい前まではクルマを贅沢にも所有していた。
貧乏になって維持できなくなって売ってしまったのだけど。
週末なると近くのレンタカー屋さんに電話して
予約してちょっと車を走らせるようになった。
レンタカー屋の深夜のバイトのお兄さんとはついに顔見知りに。

(ま、助手席のひとについてはいつか語ろう)
いままでいろんな人とドライブしたが、この人とは
一番運転しやすいということだけ。
土曜日の真夜中に中央道走るって結構気持ちいいですわい

ニュージーランド

昔むかし
まだ私がワーキング・ホリデーのビザが取得できた年代に
NZに住んだ(といっても100日程度)ことがあった。
市内観光のガイドをしながら、NZを楽しんでいた日々だ。

ポーフィさんがNZにいくのを機に、
少し思い出したことがある。
羊飼いが来ていた長めのコートだ。
コートというには、すっぽりかぶるようになっていて
ポンチョでもないけど。
背中が開かないからすごく暖かかったんだ。
買ってきて日本でも
しばらくきていたんだけどね。
体が増量して、今は着れないんだな。
ちょっとさびしい。買ったときはあれは子供用だったし…

派遣という職業

契約更新しないことになった
派遣は相手先にいらないといわれたら、それまで。
次の派遣に淡々と行くだけだ。
すでに水面下で、あたし無しの状況でも耐えられるように
ひそかにことが動き始めている。
その微妙な感じを感じ取ることができるので、「やる気」なんて
とうになくなっている。あ、いや最初からないのかもしれない。
年末にかかって失業という状態は、借金などの返済や、家賃などを
考えると避けたいが、まあ、どうにもならなかったら、そのとき
考えよう。
いまから気をもんだところで仕方あるまい。


あー飲みにでも行くかな。ああ、金がないのだった。(笑

昨日の嵐


まどから雨模様を取ってみたくなるほど
すごい雨でした。

連休だけど

体調も悪いし、
お金もないので、家でじっとしています。

昨日「英雄(HERO)」を見に行きました。
「ブエノスアイレス」以来、トニー・レオンは大好きなので、
結構楽しめました。マギー・チャンもなかなかでしたね。
ワダエミさんの衣裳もよかったし。
最初の方の雨粒の落ちるなか、琴がながれて
いかにも東洋というものの映像化でした。
リー・リン・チェイ(ジェット・リー)は相変わらず、身体能力の高さを見せ付けていましたねえ。

また風邪です

最近風邪引きやすいです。
風邪引いたようで、
ゆっくりやすんでいます。

いろいろゆっくり考えられていいですね。

ゆうべは

サスペンスでも見ようとおもって
日テレにあわせたら、まだやってなくて
待っている間に寝てしまいました。
きっとたいしたストーリではないでしょうけど。
おきたら1時過ぎで、見たいテレビもないので
速やかに寝ました。
おかげで今日は4時に目がさめ、
2度寝したら、遅刻しそうでした。

かつてサービス業にいたんだけどね

昨日、あんまり持ち金がなかったけど、いそいで夕食の買い物を済ませたかったから、四谷三丁目のスーパーで買い物をしてカードで払いました。いや、払おうとしたんです。ところが、最近レジっていえば外国人か、なれないオジさん。
昔販売の仕事やってたし、レジには厳しい試験を(チェッカー試験と言ってた)年に何度も受けさせれ、言葉遣いなんか、ノイローゼになるくらい叩き込まれた私としては、なんだか口篭った感じで、何をどうするでもないレジの担当にちょっといらいらしていたんだけど。
とうとうやられてしまいました。あたしのカードをよりによって、
マグネットのクリップにはさむという暴挙。それはお札をはさむのであって、カードをはさんだらどうなるか?考えないのか~?
それで案の定スキャンできません。データ消えました。
今朝はそれで、カード会社に連絡したり、いろいろしなくちゃいけなくて、むかついている上に
山手線はだれぞが線路に入ったらしく、しばらく停車。
人が急いでいるときに限ってこれだ!!!!
おかげで満員でもない時間に満員で、用賀までいつもは座れる東急線も
ずっと立ちっぱなしだったわい
しかも遅刻ぎりぎり。大汗だわ

最近、サービス業の質落ちてませんか?
それ東京だけ?

バロンさんとこで

小津映画が取り上げられていたので、
やっぱり「小津」ときたら「溝口」でしょう。

1ヶ月ほど前、友人が「祇園囃子」というビデオを持ってきた。
溝口健二という監督は「女優」を「女優」としてみせる監督だなあ、っと思った。つまり映画は監督次第なんだ。
昨今、日本映画がつまらないが、監督が本当に作りたいものを作ってない、これこれのストーリで予算これくらいで、役者はこれを使ってと
会社なり、スポンサーなりから指示があって、「じゃあ」って感じで
作っているとしか思えない。
どんな有名な監督でも、結局時代劇を作って武士が武士に見えず、
(かくし芸か?と思ってしまいます)芸者も、夜鷹も一緒くたの演技。
女優はただのタレントに過ぎず、花もなにもない。

「祇園囃子」で出てくる役人がいかに嫌なヤツか、随所にちりばめられた科白の後ろ側にちゃんと描かれていて、それがまったく説明的でなく、計算つくされているのにナチュラルだということは、今の映画に望むべくもないことなんだろうな。

秋ですね

昨日、会社で眠くて外に出たら、どこからかキンモクセイの匂い。探したら、近所にありました。

方向感覚

決して方向音痴ではない
むしろ一回行った道は迷ったことなどない

のにもかかわらず。

私が乗り換えをしている「赤坂見附」から「永田町」の通路を歩いていると、どうもシックリ行かなくなる

渋谷の方向がしっくり行かないのだ。
どうも反対方向に乗っているような気がしてならない。
同じような感覚になるのが、池袋。

年をとってきたから?とも思うけど。
永田町はいろんな妖怪が闊歩しているから、地磁気が狂っているのか?

ブータン

バロンさんが、ネパールの写真集をしあげているので、
急にその隣国のブータンを思い出した。
よく日本と似ているとかで、取り上げられる国だ。
調べるとかなり多民族国家で、しかも王制だし。
服装もかなりうるさくて、民族衣装(着物に似ている)を身に付けなくてはならないらしい。
難民まで出してしまっているというのは、さっき調べて知った。
その国が今度国中禁煙にするらしいのだ。
あたしはかつて肺炎までやらかした気管支に障害を持つ身なんで
禁煙だろうが、そうでなかろうがあんまり関係ないんだけど、
一見穏やかで、問題もなさそうな国が、
実のところかなり先鋭的な民族浄化や選別が行われたりしているんだな、
と思った次第。

« 2003年9月 | トップページ | 2003年11月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。