« 気分転換 | トップページ | 突然のサンダー・ストーム »

永遠の片想い

好きな者同士で想いがまったく同じということはありえないよね。
ひとはそれぞれで想いを勝手に寄せているのだから、結局は「片想い」なのだね。
それで関係ができてしまうと、人間は片想いの気持ちを忘れて欲望がむくむく。結局は自分の欲望が「愛情」ということになっていってしまって、関係が破綻してしまう。
片想いというスタンスはある程度距離がある。
その距離は関係というまやかしで分からなくなり、自分があたかも相手になったかのように、欲望が膨らんでいってしまう。
もとより相手は独立した一個の人間なので、現実から離れていってしまい最終的に孤独感に苛まれて、蝕まれた心で生きていくわけだ。

だから、永遠に片想いなのだと忘れずに生きていこう。ま、忘れてもそれが生きていると言うことなのだろうケドね。

« 気分転換 | トップページ | 突然のサンダー・ストーム »

「ユーリャの日記のページ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/6619203

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の片想い:

« 気分転換 | トップページ | 突然のサンダー・ストーム »

フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。