« 風邪です | トップページ | 道成寺(2) »

能舞台 「道成寺」について

このストーリーは安珍清姫伝説が基盤になっている。安珍清姫伝説というのは2つのストーリーが語られる。
1つは僧安珍が、熊野権現に参拝に訪れる。彼はかなり男前。それで紀伊の国牟婁群 眞砂の庄司の家に一泊させてもらうことになるのだがその家の娘 清姫(一説には未亡人)が、安珍に恋をしてしまう。一目ぼれという奴だ。夜になって清姫は安珍の寝床まで忍んでいく。すごく積極的だ。これに驚いた安珍は「修行中の身なので、熊野からの帰りにはもう一度ここに寄るので、それまで待って欲しい」とその場かぎりの言い訳をしてしまう。修行中の僧が女戒を犯すことはできない。そんなことをしたらこれまでの修行は水の泡だ。
 数日後-。破戒を恐れた安珍は清姫のもとを素通りし遁走。それを知った清姫は後を追いかけた。そのうち、上野というところで追いついて「安珍か?」と聞いたのだが「人違いです」と安珍に返答され激怒した。安珍か?と聞くほうもどうかと思うが。そこから追われ追われて日高川まで来る。その時、すでに清姫の姿はその怒りと執着から蛇体へと変わってしまっている。恐れをなした安珍は橋を落としてしまう。しかしそこは蛇に化身したているので川を渡って安珍を追い続ける。切羽つまった安珍は、道成寺に逃げ込み助けを求める。最初は取り合わなかった道成寺の僧たちも化身した清姫を見て、安珍を鐘の中に隠す。そこへ清姫も道成寺にやって来た。その姿は完全に大蛇と化していた。
 安珍の隠れた鐘を見つけた清姫は、その鐘に巻き付き、炎をはいて鐘もろとも焼き払ってしまった。その後清姫は、蛇体のまま入水して果てた。。。。 というストーリ。

« 風邪です | トップページ | 道成寺(2) »

「ユーリャの日記のページ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92016/6619181

この記事へのトラックバック一覧です: 能舞台 「道成寺」について:

« 風邪です | トップページ | 道成寺(2) »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Юлияの旅日記(メリーモナーク編2)

  • マウナ・ケア
    メリーモナーク・フラ・フェスティバルを見にいったハワイ島への2度目の訪問の記録。2日目

Юлияの旅日記(ハワイ島編1)

  • セント・ベネディクト教会
    旅にでたときに出会ったものを そのときどきに気ままに写真にしたものです。 今回はハワイ島

ユーリャの珍道中旅日記

Charon's Boat

  • Юлия
    私の詩や小説、写真などを載せています

フラキャンプとトレッキング

  • Img_0040
    2008年7月18日から29日までフラの研修会をかねて オアフ島に参りました。そのときの写真です。